9月16日のイベントではiPhone 12の発表はない? 流出情報も10月発売説裏付ける

9月16日のイベントではiPhone 12の発表はない? 流出情報も10月発売説裏付ける

 9月16日の午前2時(米国時間9月15日午前10時)に開催されるAppleの新製品発表会をめぐっては、発表される新製品に関して様々な憶測を呼んでいる。しかし、例年9月に発表されるAppleの主力製品の発表はないようだ。

「Time Flies」が示唆するものとは?

 ライフスタイル系メディア『T3』は10日、9月16日のApple新製品発表会の内容を予想する記事を公開した。その記事によると、同発表会で披露される可能性が最も高いのは、Apple Watch Series 6と新しいiPad Airだ。新しいiPad Airは、今年3月に発表された新しいiPad Proの仕様に準拠したものになると予想される。近年のiPad Airは、iPad ProとiPadの中間に位置づけられるミドルレンジモデルとなっている。それゆえ、LiDARスキャナの実装は難しいだろうが、カメラが2基搭載されるかも知れない。

 iPhone 12シリーズに関しては9月16日のイベントでは発表されず、別のイベントで披露される可能性が高い。同シリーズのリリースに関しては、既報の通り、Apple自身が例年より数週間遅れると明言している。こうした遅延に合わせて、発表スケジュールも遅れると考えるのが自然だろう。

 9月16日のイベントには、「Time Flies(時間が飛ぶ)」というタイトルがつけられている。このタイトルから連想されるのは、やはりApple Watchであろう。もっとも、iPhone 12 Proシリーズに実装されるかも知れないLiDARスキャナをほのめかしている、というややひねった見方もある。LiDARスキャナは、光線を照射して戻ってくる時間から対象物の位置情報を取得するToF(Time of Flight)カメラ構造をしていることから、時間に関係しているのは確かである。しかし、発表会タイトルはやはりApple Watchを示唆していると見るのが適切だろう。

 また、もしかしたら新しいAirPodsとApple純正シリコン「Apple Silicon」搭載のMacに関して、何らかの情報が発表されるかも知れない。このふたつの製品は、どちらも今年中に発表されると予想されている。

プロモーションメールに予約終了日が明記

 iPhone 12シリーズに関しては、スマホ専門ニュースメディア『phoneArena』が9日に同シリーズに言及したプロモーションメールの流出を報じた。流出させたのは、約43万人のフォロワーを抱える有名リーカーのEvan Blass氏だ。同氏による9日のツイートには、「こんにちはiPhone 12。5G初めての体験へ」というメッセージが書かれたプロモーションメールの画像が添付されている(トップ画像および下のツイート参照)。このメールは、アメリカ大手キャリアが関係者向けに送られたものと推測されている。具体的にどのキャリア会社かまではわかっていない。

 プロモーションメールの下のほうには、「予約は10月20日まで」という文言がある。この文言から、iPhone 12シリーズの発表日と出荷日を逆算することができる。逆算すると、iPhone 12シリーズの発表は10月13日頃、予約開始が16日、予約受付終了が20日、そして出荷が10月23日と考えられる。このスケジュールは、有名リーカーJon Prosser氏の予想とほぼ一致する。

 注意すべきは、以上のプロモーションメールではiPhone 12 Proシリーズが言及していないことだ。iPhone 12上位機種のスケジュールに関しては、10月よりさらに遅れるかも知れない。ちなみに、Prosser氏はiPhone 12 Proシリーズの予約開始と出荷を11月中と予想している。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる