iOS14はAndroidっぽい!? 果たしてどちらが“進んでいる”のか、双方のメリット・デメリットを探る

iOS14はAndroidっぽい!? 果たしてどちらが“進んでいる”のか、双方のメリット・デメリットを探る

 2020年6月23日日本時間午前2時、Apple(アップル)が世界開発者会議「WWDC 2020」にて基調講演を行い、iPhone向け最新ソフトウェア「iOS14」を発表した。正式リリース予定は、今年秋となっている。

 最新OSとなる「iOS14」では、大量のアプリを自動でカテゴリに分けてまとめてくれる「App Library」機能やホーム画面にウィジェット追加、iPhoneが車の鍵になる「CarKey」などの新機能が利用可能だ。

 「iOS14」の新機能は魅力的で、歓喜するユーザーの声も多い一方、「なんだかAndroidっぽい」などの声も挙がっている。そこで今回は、そもそもAndroidっぽさとは何なのか、またiOSとAndroid果たしてどちらが進んでいるのかを、双方のメリット・デメリットについて触れながら、分析してみたい。

そもそも“Androidっぽい”って何?

左がApp Library、右がドロワー

 今回の「iOS14」で発表されたアプリを一括でまとめられる「App Library」は、Android初期の頃から搭載されているドロワーに似ている。分野ごとに分けてくれるという点については違いがあるが、おそらくインスパイアされたのであろうと想像する。

左がiOS14のウィジェット追加、右がAndroid 10のウィジェット追加

 また、ホーム画面にウィジェットを追加できる機能も、Androidでは何年も前から利用できる。この他に、ピクチャ・イン・ピクチャやコンパクトになった着信画面、App Clipsなども含め、Androidでは似たような機能が存在している。

 実は今回に限らず、これまでもAndroidと似たような機能がiOSに新機能として追加される場面は幾度かあった。ただ、今回のような視覚的な既視感・変化はなかったように感じる。それこそが「iOS14」が「Android」っぽいと言われる所以ではないだろうか。

iOSとAndroid、果たしてどちらが進んでいるのか?

 「iOS」と「Android」は、どちらがより先進的なのだろうか。

 ここ2〜3年を見るのであれば、どちらかと言えばAndroidのほうが機能性・カスタマイズ性に優れ、進んでいるように感じる。例えばキーボードの細かな設定が出来たり、アイコンを自由に配置できたりといった点である。

 一方、「iOS」は機能をシンプルにし、ユーザーが使いやすいようなスタイルのため、機能性・カスタマイズ性においては劣っているように見えたが、今回のiOS14の登場で、よりカスタマイズ性が広がり、機能性も追加されている。

 ただし、まだAndroidの自由度には及ばない点もある。今後、Appleがユーザーの利便性を損なわず、機能・カスタマイズ性の向上ができるかどうかに注目していきたい。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる