iPhone 13の仕様が早くもリーク? 省電力に優れる「LTPOディスプレイ」を搭載か

iPhone 13の仕様が早くもリーク? 省電力に優れる「LTPOディスプレイ」を搭載か

 iPhone 12シリーズのリリースが今秋に迫る中、2021年にリリースされることが予測されるiPhone 13の情報についても、少しずつ噂が広がってきた。

 『Macworld』は「2021年のiPhone 13の画面は、エネルギー効率の高いLTPOを搭載へ」と報じている(参考:https://www.macworld.co.uk/news/iphone/iphone-13-ltpo-screen-3790229/)。

 これは、YouTubeチャンネル『ConceptsiPhone』にアップされた、iPhone 13のコンセプト動画を元にした情報だ。

バッテリーの持続時間は、OLEDより15%延長

 iPhone 13で採用されるだろうと言われている仕様の一つが、LTPOディスプレイだ。LTPO(Low Temperature Polycrystalline Oxide)は、「低温多結晶酸化物」の意で、電力効率を高める。

 LTPOディスプレイは、OLED(有機エレクトロルミネッセンスディスプレイ)よりもエネルギー効率が大幅に向上し、最大15%バッテリーの持続時間を延ばすことが可能になるという。すでに「Apple Watch Series 4」と「Apple Watch Series 5」で使用されている。

 iPhoneやその他のスマートフォンが登場した頃は、優れた機能を評価されたが、その反面としてバッテリーの消耗が激しく、持ち歩く上で不便なことがネックになっていた。しかしiPhoneは、そのウィークポイントを克服しつつあるようだ。

 Display Supply Chain ConsultantsのCEOであるRoss Young氏は、iPhoneへのLTPO採用について「Appleは、2021年まで待つことになるだろう」とツイートしている。

 Appleの例年のリリースサイクルからして、2021年にiPhone 13が発売されると予想される。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる