遠藤賢司の記事一覧

(4件)

彼もまた、ボブ・ディランに影響され、60年代後半にライヴ活動を始めた日本の「ディランズ・チルドレン」のひとりであった。69年にシングル「ほんとだよ/猫が眠っている」でデビュー。当初は、ギター1本にハープというシンプルなスタイルだったが、彼の激しい個性は一連のフォーク・ブームの中で異彩を発揮していく。とりわけ詞の世界にはドラマ性があり、聴き手のイメージを広げる力をもっていた。ファースト・アルバム『NIYAGO』は、後に孤高のフォーク・ロック・グループとなる、はっぴいえんどの最初の録音作でもあった。はっぴいえんどのメンバー、松本隆はこの頃の遠藤賢司に影響を強く受けたとも言われている。以後、頭脳警察のトシ、キャラメル・ママ、松任谷正隆、高中正義、土屋昌己、村上秀一ら、一流ミュージシャンと積極的にレコーディングを重ねた。78年にリリースされたアルバム『東京ワッショイ』は当時のパンク/ニューウェイヴ・シーンと、遠藤賢司のオリジナリティが見事に融合。ニューウェイヴの「発想の自由さ」と彼の中に長年潜んでいた「根がパンク」な性格、そしてその音楽スタイルが結びついたのだ。時代が彼を求めた、といっても過言ではないだろう。

湯浅学が語る、遠藤賢司という存在の独自性「純音楽家は自分を磨くことに邁進するかどうかが問題」

湯浅学が語る、遠藤賢司という存在の独自性「純音楽家は自分を磨くことに邁進するかどうかが問題」

遠藤賢司はずっと“純音楽家”だったーー日本のロックの可能性広げた革新者としての歩み

遠藤賢司はずっと“純音楽家”だったーー日本のロックの可能性広げた革新者としての歩み

岩井俊二、会田誠、斎藤工らが園子温監督作『ひそひそ星』に絶賛コメント 岩井「美しく残酷な映画」

岩井俊二、会田誠、斎藤工らが園子温監督作『ひそひそ星』に絶賛コメント 岩井「美しく残酷な映画」

峯田和伸、阪本順治、遠藤賢司ら、遠藤ミチロウ初監督作の日替わりトークショーに参加決定

峯田和伸、阪本順治、遠藤賢司ら、遠藤ミチロウ初監督作の日替わりトークショーに参加決定

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版