植松伸夫の記事一覧

(2件)

ゲーム音楽の大家である。これまでに手掛けてきたゲーム・サウンドトラックはなんと30作以上。なかでも最も有名なのが、一般的なポップ・リスナーのハートをもワシ掴みにした名作『ファイナル・ファンタジー』だろう。交響楽団風アレンジで演奏されるたおやかな旋律は、ゲーム自体のスケール感を否が応にも盛り上げてくれた。またアジアの歌姫、フェイ・ウォンをフィーチャーした『ファイナル・ファンタジー VIII』のテーマ曲「Eyes On Me」は40万枚のセールスを記録。名前を知らなくとも、曲で知っている人は多いはずだ。——そんな植松のルーツとなっているのはプログレッシヴ・ロックということだが、そこからクラシックに行き着いたのも想像に難くない。だからこそ彼の音楽性には、CMにしろサントラにしろ叙情的なメロディ・センスが根底に横たわっているのがよくわかるはず。
最近でもさまざまなフィールドで大活躍、あらゆるニーズに対応した作曲活動を展開している。

ゲーム音楽の巨匠・植松伸夫、創作活動一時休止が海外でも話題に 『FF』を軸に功績を振り返る

ゲーム音楽の巨匠・植松伸夫、創作活動一時休止が海外でも話題に 『FF』を軸に功績を振り返る

FF7の音楽はなぜ愛され続ける? 植松伸夫の作家性とゲーム音楽から考察

FF7の音楽はなぜ愛され続ける? 植松伸夫の作家性とゲーム音楽から考察

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版