徳永英明の記事一覧

(5件)

徳永英明といえば、やはりバラード! この意見に異論を挟む人は、まずいないだろう。透明感に満ちたシルキー・ヴォイスと甘いルックスで、女性ファンのみならず男性ファンまでも魅了する。また、影響を受けたアーティストに井上陽水/ビートルズ/ELOを挙げているように、これらのアーティストと共通する、一度聴いただけで耳に残るキャッチーなメロディも最大のセールス・ポイントだ。
86年に「レイニーブルー」でデビューを果たし、88年の「風のエオリア」でブレイク。以降、「壊れかけのRadio」「Wednesday Moon」「I LOVE YOU」といったビッグ・ヒットを放ち、トップ・シンガーの地位を確立した。
01年の半ばから闘病生活をおくっていた彼だが、03年1月にシングル「君をつれて」を携え活動再開。2月27日の誕生日には約3年ぶりとなるアルバム『愛をください』をリリースし、艶のある歌声で健在ぶりをアピールした。
04年9月、通算23枚目となるオリジナル・アルバム『MY LIFE』を発表、自身の内省的な面と未来への決意を表現した歌詞と、彼にしか表現できない穏やかなヴォーカル・スタイルが健在だということを改めて世に知らしめた。05年9月、松任谷由実、竹内まりや、中島みゆき、一青窈など日本の音楽シーンにおいて、異彩を放っている女性アーティスト達の作品を、持ち前の素晴らしい歌唱力で歌い上げたカヴァー・アルバム『VOCALIST』をリリース。この作品がロング・セールスを記録し、この年のプラチナ・ディスクを受賞。
06年にはデビュー20周年を迎え、同年8月にヒットカヴァー作の続編『VOCALIST 2』、さらに07年に『VOCALIST 3』を発表。シリーズ累計売上は258万枚(オリコン調査)という空前のヒットを記録した。
2009年には過去のシングル28曲を収録したシングルベスト作品『SINGLES BEST BOX』をリリース。

徳永英明、原恵一、豊田エリーら、ファティ・アキン監督作『50年後のボクたちは』に絶賛コメント

徳永英明、原恵一、豊田エリーら、ファティ・アキン監督作『50年後のボクたちは』に絶賛コメント

闘病経験がもたらした、徳永英明の“現代の応援歌”

闘病経験がもたらした、徳永英明の“現代の応援歌”

徳永英明、ついに『VOCALIST』シリーズに終止符? 10年間の”カバー術”を検証する

徳永英明、ついに『VOCALIST』シリーズに終止符? 10年間の”カバー術”を検証する

「大病で引退寸前」から「カバーブームの牽引者」へ 徳永英明の波瀾に満ちたキャリアとは?

「大病で引退寸前」から「カバーブームの牽引者」へ 徳永英明の波瀾に満ちたキャリアとは?

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版