コトリンゴの記事一覧

(9件)

また1人、本格的女性アーティストが誕生した。坂本龍一プロデュースによるシングル「こんにちは またあした」で華々しくデビューを飾った“コトリンゴ”こと三吉理絵子である。元々は、坂本のラジオ番組『RADIO SAKAMOTO』のオーディション・コーナーに送られてきた1本のデモテープがきっかけ。そのオリジナリティあふれる楽曲と、空中に漂うようなヴォーカル、抜群のピアノ演奏が注目され、坂本プロデュースによる『ロハス・クラシックコンサート』に急遽出演。そのコンサートに出演した時の様子がCMディレクターの目に留まり、『月桂冠「つき」』のCMタイアップが決定した。永作博美が出演しているCMでお馴染みの人も多いはずだが、そこで流れているのが今回の曲「こんにちは またあした」である。「♪こんにちは さようなら おやすみ またあした……」と、まるで少女のような歌声で繰り返されるフレーズが印象的な同曲は、プロデューサーの坂本も「とても愛らしい、自由奔放な曲作りができる人。声は時折、童女のようにピュア。ところが、誰もが彼女のピアノ演奏能力に驚嘆する。そんなアンバランスなところが魅力です」と称賛する。

『さよなら、ティラノ』予告編公開 エンディング曲はハナレグミ&コトリンゴが担当

『さよなら、ティラノ』予告編公開 エンディング曲はハナレグミ&コトリンゴが担当

初夏に公開される静野孔文監督最新作『さよなら、ティラノ』より、予告編と場面写真が公開された。  原作は、『ずっとずっといっしょ…

矢野顕子から原田郁子、南波志帆まで――ミュージシャンに愛される“魔法の歌声”の系譜とは

矢野顕子から原田郁子、南波志帆まで――ミュージシャンに愛される“魔法の歌声”の系譜とは

歌唱力、メロディーセンス、容姿…。ミュージシャンの持つ個性は数あれど、その「歌声」ほどに際立つ特徴はそうない。個性的な歌声という…