キャロルの記事一覧

(16件)

“革ジャン/リーゼント/サングラス&バイク”風情の純国産ロックンロールをつくり上げた偉大なるグループ。言わずもがなの大スター矢沢永吉(b&vo)、名男優ジョニー大倉(g)を輩出したことでも知られる。我々日本人にとって彼らの存在は、英国人にとってのビートルズ(またはステイタス・クォー)であり、豪州人にとってのAC/DCである。すなわち、別格ってことだ。
72年、「ルイジアナ」にてデビュー。翌73年に、ロックと不良の価値観と歌謡曲を奇跡的に交配させた大名曲「ファンキー・モンキー・ベイビー」が空前のビッグ・ヒットとなり、彼らは一躍スターダムにのし上がっていく。その後も、イカしたロッキン・ナンバーを次々に発表し、もはや押しも押されぬ存在となった。がしかし、矢沢永吉の音楽的欲求の拡大に起因し、75年にグループは解散の道を辿る。

年末企画:久保田和馬の「2016年 年間ベスト映画TOP10」

年末企画:久保田和馬の「2016年 年間ベスト映画TOP10」

アカデミー賞とラジー賞、それぞれの意義とは? 映画業界における役割を解説

アカデミー賞とラジー賞、それぞれの意義とは? 映画業界における役割を解説

ケイト・ブランシェット、『キャロル』舞台挨拶に登壇 寺島しのぶと談笑する姿も

ケイト・ブランシェット、『キャロル』舞台挨拶に登壇 寺島しのぶと談笑する姿も

木村文乃、鈴木杏らが『キャロル』に絶賛コメント 木村「切なくも素晴らしい」

木村文乃、鈴木杏らが『キャロル』に絶賛コメント 木村「切なくも素晴らしい」

『キャロル』主演のケイト・ブランシェット、6年ぶり3度目の来日が決定 ジャパンプレミア登壇へ

『キャロル』主演のケイト・ブランシェット、6年ぶり3度目の来日が決定 ジャパンプレミア登壇へ

第73回ゴールデングローブ賞ノミネーション発表 『キャロル』最多4部門5ノミネート果たす

第73回ゴールデングローブ賞ノミネーション発表 『キャロル』最多4部門5ノミネート果たす

『キャロル』映画化に合わせて原作小説発売へ カバーにはエドワード・ホッパーの絵画が

『キャロル』映画化に合わせて原作小説発売へ カバーにはエドワード・ホッパーの絵画が

『キャロル』MoMAでNYプレミア開催 C・ブランシェットとR・マーラが対照的なドレス姿で登場

『キャロル』MoMAでNYプレミア開催 C・ブランシェットとR・マーラが対照的なドレス姿で登場

アカデミー賞最有力との呼び声も トッド・ヘインズ監督『キャロル』公開決定

アカデミー賞最有力との呼び声も トッド・ヘインズ監督『キャロル』公開決定

ロックのなんたるかを教えてくれた山口冨士夫へ

ロックのなんたるかを教えてくれた山口冨士夫へ

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版