ムロツヨシと多部未華子が掛け合い 『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』特別映像

『ボス・ベイビー』続編凸凹コンビの特別映像

 12月17日に公開される『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』の特別映像が公開された。

 マーラ・フレイジーの絵本『あかちゃん社長がやってきた』をもとに、ユニバーサル・スタジオとドリームワークス・アニメーションが初めてタッグを組んだ前作『ボス・ベイビー』は、全世界で600億円超の興行収入を記録。日本でも2018年に公開され、興行収入34億円超のヒットを記録した。7歳のティムの家族のもとに迎え入れらた、見た目は赤ん坊、知能は大人の“ボス・ベイビー”ことテッドの姿が話題になった。

 続編となる『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』では、大人になったティムが結婚し、2人の娘にも恵まれて専業主夫に。彼の弟で、ボス・ベイビーことテッドはスーパービジネスマンでエリート社長になっていた。時が経ち、疎遠になっていった2人は“新たなボス・ベイビー”によって再び引き合わされ、世界を救うためのミッションが下される。

映画『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』特別映像

 公開された映像では、ムロツヨシが声を務めるボス・ベイビーが、事前に用意したグラフやカンペを確認しながら最新作の魅力を“ボス流”にプレゼンする姿が。エリートらしく自信に満ち溢れた表情でアクションやファイヤー、ミステリー、そして際どいシーンまで……と見どころを説明するボス・ベイビーだが、「実はこの話、寝返りの練習中に頭に浮かんだんだよな」と明かす。映像の最後には、多部未華子が声を務める新キャラクター、ボス・レディの姿も。ボス・ベイビーが乗り込むエレベーターにギリギリ乗せてもらえず、軽くあしらわれるも、「もう大人げない!」と先輩のボス・ベイビーにニヤリと仕返し。一切気後れしない堂々とした佇まいのボス・レディは、最新作でどのように活躍するのか。

■公開情報
『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』
12月17日(金)より全国公開
声の出演(字幕):アレック・ボールドウィン
声の出演(吹替):ムロツヨシ、芳根京子、宮野真守、乙葉、石田明(NON STYLE)
製作:ジェフ・ハーマン
監督:トム・マクグラス
配給:配給:東宝東和、ギャガ
原題:The Boss Baby: Family Business
(c)2021 DreamWorks Animation LLC. All Rights Reserved.
公式サイト:bossbaby.jp
公式twitter:@Dreamworks_JP
公式instagram:@dreamworks_jp



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる