ジェイソン・ブラムも絶賛! コロナ禍が生んだ初のZoomホラー『ズーム/見えない参加者』公開へ

 映画『Host(原題)』が、『ズーム/見えない参加者』の邦題で2021年1月15日より新宿ピカデリー、グランドシネマサンシャイン、シネクイントほかにて全国公開されることが決定した。

 本作は、全編Zoomで制作された史上初のZoomホラー。新型コロナウイルスによってロックダウン中のイギリスを舞台に、Zoomを介して死者と交信を行う「Zoom交霊会」を始めた6人の男女に、次々と不可解な現象が起こる。恐怖から逃げようにも、ロックダウン下で外に出られない。安全なはずのステイホームも悪霊の前では機能しない。彼らは暗闇に潜む何かから逃れることができるのか。

 メガホンを取ったのは、若干17歳での初監督作『Strings(原題)』で、英国インディペンデント映画賞レイダンス賞を史上最年少で受賞したロブ・サヴェッジ。なお、本作は企画から公開までを、わずか12週間で完成させたという。本作の誕生のきっかけは、監督自身が友人同士で実際に行ったオンライン飲み会で、監督が仕掛けた“いたずら”。その様子を自身のTwitterに投稿したところ、ネット上で拡散され、米最大のホラー映画配信サービスShudderで映画化が決定したという経緯を持つ。配信後、ホラーのヒットメーカーであるジェイソン・ブラムもTwitterで「最高傑作!!!!」と絶賛した。

 俳優と監督、スタッフは密を回避し、全編Zoomで撮影が行われたが、撮影前のリハーサルで行った“交霊会”で、俳優の身に実際に心霊現象が起きたという。その模様は、本作の本編終了後に、約5分間のメイキング動画として鑑賞できる。なお、本作の鑑賞料金は、一律1000円となる。

■公開情報
『ズーム/見えない参加者』
2021年1月15日(金)、新宿ピカデリー、グランドシネマサンシャイン、シネクイントほか全国公開
監督・脚本:ロブ・サヴェッジ
出演:ヘイリー・ビショップ、ジェマ・ムーア、エマ・ルイーズ・ウェッブ、ラディーナ・ドランドヴァ、キャロライン・ウォード、エドワード・リナード
配給:ツイン
2020年/イギリス/英語/68分/カラー/ビスタ/2chステレオ/原題:Host/日本字幕:大城哲郎/G
(c)Shadowhouse Films and Boo-Urns 2020
公式サイト:zoom-mienaisankasha.com