空前の『鬼滅の刃』現象 映画興行は「なりふりかまわない」新基準へ

空前の『鬼滅の刃』現象 映画興行は「なりふりかまわない」新基準へ

 今週ほどこのコラムが書きにくい週はない。全国各シネコンの公開初日の異常なまでのスクリーン割り多さが明らかになった先週半ば以降、ソーシャルメディア→ウェブメディア→テレビという順番で、あらゆるところで話題の中心となっている『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の爆発的ヒット。今さら数字を上げるのも躊躇われるが一応。10月16日に公開された同作の初日金曜日の動員は91万507人、興収は12億6872万4700円。土日2日間の動員は251万人、興収は33億5400万円。オープニング3日間の動員は342万493人、興収46億2311万7450円。いずれも2位以下を大きく引き離して、歴代1位となる空前の初動成績を打ち立てた。

 この数字は、先週末2位に初登場した『夜明けを信じて。』の約25倍。今年公開された『コンフィデンスマンJP プリンセス編』、『映画ドラえもん のび太の新恐竜』、『事故物件 恐い間取り』、『TENET テネット』といった各ヒット作の累計興収をオープニング3日間だけであっという間に抜き去り、今週末にも『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の累計興収72億7000万円を超えて今年ナンバーワンのヒット作になることが確実。というか、もはや今年ナンバーワンというレベルではなく、興収面では最終成績で歴代何位に食い込むかという点に注目が集まっている。

 今回の『鬼滅の刃』の大ヒットに関しては、コロナ禍なのに(現在も座席を間引きして営業しているスクリーンも少なくない)という側面と、コロナ禍だから(競合作品、特にハリウッド映画の新作公開が止まっていて、その分異例のスクリーン割りが可能となった)という側面の両方があって、その二つを分けて論じても芯を食った分析にはならないのだが、いずれにせよ作品の圧倒的な集客力に尽きるという単純な結論に行き着いてしまう。

 しかし、当コラムならではの視点を提供するならば、今回の空前の初動記録の背景には、ここ半年間以上、新型コロナウイルスの影響による客足減、緊急事態宣言下の休業、ウイルス対策によるキャパシティ半減、相次ぐ有力作の公開延期、ディズニー作品のストリーミングへのシフトと、ずっと困難に見舞われ続けてきた映画館のリベンジ的な意味合いがあるということだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「興行成績一刀両断」の最新記事

もっとみる