>  >  > 「ネタバレしてはいけない作品」の境界線

宇野維正の興行ランキング一刀両断!

初登場5位『クワイエット・プレイス』にみる、「ネタバレしてはいけない作品」の境界線

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 先週末の映画動員ランキングは、人気深夜アニメの初映画化作品『劇場版 夏目友人帳 〜うつせみに結ぶ〜』が、土日2日間で動員11万7000人、興収1億7200万円をあげて初登場1位に。数字自体はそこまでインパクトがあるものではないが、全国136スクリーンでの公開であることをふまえると、1スクリーン当たりの動員数はかなりのハイレベル。久々にアニプレックス配給作品のヒット・パターンの王道にハマった作品の登場となり、今後の伸びも大いに期待できる。公開3週目で1位の座を明け渡した2位の『プーと大人になった僕』は、土日2日間で動員11万1000人、興収1億5500万円。累計では動員115万人、興収15億円を突破した。

 今週注目したいのは、5位に初登場した『クワイエット・プレイス』。全国194スクリーンでの公開で、土日2日間で動員8万2000人、興収1億1200万円、初日の金曜日からの3日間では動員11万1000人、興収1億5000万円という成績。近年、『イット・フォローズ』、『ドント・ブリーズ』、『ゲット・アウト』などを筆頭に、低予算作品ながら全米で大ヒットを記録するホラー映画が相次いでいるが、今年4月に全米公開されて初登場1位となり、超人気番組『サターデー・ナイト・ライブ』でチャイルディッシュ・ガンビーノ(=ドナルド・グローバー)がパロディを披露するなど、社会現象となった本作もその系譜にある作品。配給の東和ピクチャーズによると、日本でも若い世代のカップルや友達連れの観客が目立っているとのこと。つまり、昨年の秋に日本でも大ヒットを記録した『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の観客層とも近い傾向を示している。

 と、ここまで「ホラー映画」という文脈で『クワイエット・プレイス』について話をすすめてきたが、本当にこれはホラー映画と言っていいのだろうか? 一応、日本の配給サイドも「サスペンスホラー作品」という言葉を使ってはいるが、作品を観た人ならば、本作を語る上でそれとは別のジャンル名を挙げたくなる人も少なくないのではないか。

 「低予算作品(といっても、『クワイエット・プレイス』はハリウッドの人気女優エミリー・ブラント主演の正真正銘のハリウッド映画ではあるが)ながら大ヒット」、「ホラー映画のようでホラー映画ではない!?」といった本作の特徴を並べてみた時、ふと思い浮かぶのは公開15週目にして先週末も前週に続いて7位にランクインしている日本映画の『カメラを止めるな!』のことだ。念のために言っておくと、『クワイエット・プレイス』と『カメラを止めるな!』は、テイストも仕掛けもまったく異なる作品だ。しかし、観た後に批評家も含めすべての人に「これは絶対にネタバレしちゃいけない作品だ」と思わせる点において、この二つはとてもよく似ている作品と言ってもいいだろう。

      

「初登場5位『クワイエット・プレイス』にみる、「ネタバレしてはいけない作品」の境界線」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版