EXILE TAKAHIRO、『オンリー・ザ・ブレイブ』の魅力を語る 「胸を熱くするものがありました」

 6月22日に公開される映画『オンリー・ザ・ブレイブ』より、EXILE TAKAHIROのインタビューとスポット映像が公開された。

 本作は、2013年にアメリカのアリゾナ州で実際に起きた巨大山火事を題材としたヒューマンドラマ。未曾有の巨大山火事にたった20人で立ち向かった、ホットショットと呼ばれる精鋭部隊の男たちの姿を描く。『オブリビオン』のジョセフ・コシンスキーが監督を務め、ジョシュ・ブローリン、マイルズ・テラー、ジェフ・ブリッジス、テイラー・キッチュ、ジェニファー・コネリーらが出演した。

 本作の日本版テーマソングは、EXILEの新曲「My Star」。映画を観たTAKAHIROは、「めちゃくちゃ面白かったです! 迫力もそうですし、スリルもあるし、そして感動もある。ブレンダン(マイルズ・テラー)が赤ちゃんを初めて抱くシーンや家族愛のリアルな部分が描かれていて、胸を熱くするものがありました」と絶賛。消防界のネイビーシールズとも言われる“ホットショット”について聞かれると「日頃は冗談を言い合って和気あいあいとしているホットショットのメンバーが、仕事になった瞬間にスイッチを切り替える男らしさというか。心が震える映画だと思います」と熱弁する。仲間との強い絆が描かれている本作について「学ぶべきところも共感できる部分もありました。メンバーもぜひこの映画を観てほしいですね」と語った。

 「守るものがあるからこそ、いろんな葛藤が生まれる瞬間があって……“愛することは守り抜くこと”という(「My Star」の)歌詞通り、言葉で言うのは容易いですけど、命を懸けて人生を歩むことはなかなか難しいので、それをテーマに生きることが男らしさにつながるんじゃないかと思います」とテーマソング「My Star」についての魅力についてもコメントを寄せた。

『オンリー・ザ・ブレイブ』スポット映像

 あわせて公開されたスポット映像では、「My Star」に乗せて映し出される映像とともにTAKAHIROの「アツい! とにかくアツい!!」「絶対に惚れます!」といったコメントが収められている。

■公開情報
『オンリー・ザ・ブレイブ』
6月22日(金) TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
監督:ジョセフ・コシンスキー
出演:ジョシュ・ブローリン、マイルズ・テラー、ジェフ・ブリッジス、テイラー・キッチュ、ジェニファー・コネリー
配給:ギャガ
原題:Only the Brave/2017/アメリカ/カラー/134分
(c)2017 NO EXIT FILM, LLC
公式サイト:http://gaga.ne.jp/otb/