『美女と野獣』の前に立ちはだかる『アナ雪』の高い壁

『美女と野獣』の前に立ちはだかる『アナ雪』の高い壁

 今週、全米での公開日が2019年11月27日になると発表されたばかりの『アナ雪』の続編(原題“Frozen 2”)。氷の世界が舞台とあってクリスマス・シーズンに合わせたかったのだろうが、そのせいもあって同じディズニー配給の『スター・ウォーズ』エピソード9の公開は、例年のクリスマス・シーズンではなくその年のサマー・シーズン(全米公開2019年5月24日)となってしまった。あの『スター・ウォーズ』(しかも、一応完結編になるとされる作品である)さえも動かしてしまう『アナ雪』。日本においても、もし本当に「『アナ雪』を超える」作品が今後現れるとしたら、それは次の『アナ雪』続編になるかもしれない。

■宇野維正
音楽・映画ジャーナリスト。「リアルサウンド映画部」主筆。「MUSICA」「装苑」「GLOW」「NAVI CARS」ほかで批評/コラム/対談を連載中。著書『1998年の宇多田ヒカル』(新潮社)、『くるりのこと』(新潮社)。Twitter

■公開情報
『美女と野獣』
全国公開中
監督:ビル・コンドン
出演:エマ・ワトソン、ダン・スティーヴンス、ルーク・エヴァンス
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(c)2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
公式サイト:http://www.disney.co.jp/movie/beautyandbeast.html

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「興行成績一刀両断」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる