>  >  > 星野源『A-studio』で語る

星野源、『A-Studio』でプライベートの交流明かす 「仲間と出会って根アカな自分を取り戻した」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20150829-astudioth_minith_.jpg『A-Studio』公式サイト

 10月16日より放送開始している金曜ドラマ『コウノドリ』(TBS)に出演している星野源が、同日の『A-Studio』(TBS)に登場し、役者になったきっかけやプライベートの交流関係など、さまざまな話を披露した。

 パーソナリティーを務める笑福亭鶴瓶とは、ドラマ『タイガー&ドラゴン』(TBS)で共演した以降に交流を深め、現在はいっしょに食事に行くこともあるという星野。鶴瓶の落語を観に行った後に、脚本家の宮藤官九郎なども含め、みんなで食事に行った際、星野が突然姿を消したことがあったという。すると鶴瓶の携帯に電話がかかってきて、「すみません、いまトイレで、もうすぐ出ます」と星野。このエピソードを受けて星野は、「昔からお腹がゆるくて、小学校3年生くらいの頃からお漏らしをすることがあった。(小学生で漏らすと)もうスターになりますよ。(中略)横アリのライブでも、12,000人を残してトイレに行った」と、いまなおお腹の調子が悪くなりやすいことを明かし、スタジオは笑いに包まれた。

 その後、星野のプライベートでの交流について話題が移ると、鶴瓶は星野の中学時代からの友人である戸田修輔氏と、星野には内緒でいろいろな話を聞いたことを明かす。星野と戸田氏は中学一年生のときに出会い、戸田氏の誘いで星野は演劇を始めたという。また、スタジオでは星野が学生時代に制作した自主映画『底無し刑事』が放送され、星野が「やめてください!」と赤面する一幕もあった。

 星野のユニークな母親「ようこちゃん」のエピソードが披露された後は、ヒット曲「Sun」の弾き語りを披露し、続いて星野の音楽にも影響を与えた人物が紹介される。

 寺坂直毅氏は、34歳の構成作家で、星野のラジオ番組を担当する人物だ。恰幅が良く、すぐにメガネが曇ってしまうという寺坂氏は、いまなお真性の童貞であるという。星野が28歳のとき、寺坂氏を含む男性4人で湯河原に旅行に行ったのは、星野にとっても大きな出来事だったそうだ。特に会話が弾むでもなく、『彫刻の森美術館』などを見学したというのだが、しかし本人たちにとっては非常に楽しい時間で、星野はその後、徐々に「根アカな自分に戻っていった」とのこと。「昔は人が好きすぎて、すぐに抱きついたりしていたんだけど、『お前うざいよ!』っていわれて、いたく傷ついたことがあって。それから自分は人見知りなんだって思い込むようになった。(中略)でも、みんなで旅行に行ったのは、すごく楽しくて。俺はコミュニケーションが嫌いなんじゃなく、コミュニケーションをとる度胸をなくしていただけなんだって、徐々に気づいていった」と、仲間との旅行で見出した“気づき”について明かした。

      

「星野源、『A-Studio』でプライベートの交流明かす 「仲間と出会って根アカな自分を取り戻した」」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版