『リコリス・リコイル』錦木千束の“空中射撃シーン”を粘土で立体化! 海外からも絶賛の声届く

 ホビー系の人気YouTubeチャンネル「KotohaModeling ことは模型」にて、話題のテレビアニメ『リコリス・リコイル』の登場人物・錦木千束のフィギュアを制作する様子が公開された。コメント欄には外国語の感想が並ぶなど、多くの反響が寄せられている。

 2019年9月7日に開設された同チャンネル。概要欄には「『フィギュアってどう作るんだろう』『なんでも自分でつくりたい』『ないものは自分で作っちゃえ』そんな考えをお持ちの方々にフィギュアや模型の作り方を紹介 何か物が出来上がっていく様子が好きな人にも観ていただきたいチャンネルです」という説明文が記述されている。チャンネル登録者数は10万人超を誇る。

 「リコリス・リコイル」は犯罪を未然に防ぐ秘密組織の支部・喫茶リコリコを舞台に、そこで働く錦木千束と井ノ上たきな等を描いた物語。千束は歴代最強と称されるリコリスで、喫茶リコリコの中では、自称・看板娘として明るく元気に働いている。作品には、SNSなどで絶賛の声が寄せられ、多くの注目を集めている。

 今回の「【リコリス・リコイル】錦木千束のフィギュアを作ってみた」と題した動画では、まずいつも通り、針金に粘土を付けていき、原型を作っていく。概要欄には「リコリス・リコイル2話の空中射撃シーンを粘土で立体化」と説明があり、使用材料は「Polyform Gray Sculpey ポリフォーム グレイスカルピー」とのことだ。

【リコリス・リコイル】錦木千束のフィギュアを作ってみた

 着用している制服に鞄、構えている銃など、細かな作業が必要とされる部品を丁寧に作り上げていく。大きな目が印象的なキュートな千束の表情も完成した。“空中射撃シーンを粘土で立体化”とあって、躍動感のある作品となった。

 今回も特筆すべきは外国語でのリアクションの多さだろう。「Oh… I watching this anime. Chisato so cute」といったコメントも寄せられ、またもや「ことは模型」が作り出すフィギュアは海を超えたアニメファンを魅了したようだ。

 そんな絶賛の声が多く寄せられている、錦木千束のフィギュア。漫画やアニメの人気キャラクターが立体化される様子を楽しみたい人は、動画で制作過程をチェックしてみよう。

関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる