BTS、ENHYPEN、TOMORROW X TOGETHERをフィーチャーしたオリジナルwebtoon/小説が2022年1月公開へ

BTSらオリジナル漫画/小説に

 人気電子コミックサービス「LINEマンガ」(https://manga.line.me/)において、「BTS(防弾少年団)」「ENHYPEN」「TOMORROW X TOGETHER」といったHYBE所属の人気アーティストとのコラボレーションによるオリジナルwebtoonとweb小説の全6作品を、2022年1月より連載開始することが発表された。

 今回の試みは、9月に発表された「LINEマンガ(日本)」「NAVER WEBTOON(韓国)」「WEBTOON(北南米/欧州)」など世界各地域で展開する電子コミックプラットフォームの連合体である“WEBTOON worldwide service” がグローバルで展開する「SUPER CASTING」プロジェクトの一環となる。

 「SUPER CASTING」は、世界中に多くのファンを持つ人気IP(知的財産)を擁するエンタテインメント企業と協業し、そのIPを活用したオリジナルのコンテンツをともに一から制作、グローバル展開していくプロジェクトで、発表後、世界中で大きな話題を呼んだ。

 HYBEとの協業として最初に連載をスタートする作品は、世界的な人気を誇るグループ「BTS」をフィーチャーしたオリジナルストーリー『7Fates: CHAKHO』だ。webtoon版の公開を1月15日に予定しているという。

 同作は近未来の都市を舞台にしたファンタジーで、運命に縛られた7人の少年たちが試練を乗り越え成長していく様子を描く。朝鮮王朝時代の「虎」狩り部隊として知られる「捉虎甲士」からモチーフを得た物語として制作されている。

 「ENHYPEN」をフィーチャーしたオリジナルストーリーは、吸血鬼の少年たちがとある秘密を抱えた少年と繰り広げる青春ロマンス『黒の月』だ。少年たちの青春、友情、そしてその裏側に秘められた謎など、同ジャンルの枠組みにとらわれない新しい面白さが盛り込まれている。この『黒の月』はシリーズとして制作されており、その第一弾の『黒の月:月の祭壇』は、1月16日の公開を予定しているという。

 「TOMORROW X TOGETHER」とのコラボレーション作品『星を追う少年たち』は、1月17日の公開を予定。魔法が日常的に存在する世界での、アイドルグループとして生きる少年たちの成長物語だ。架空の生き物や魔法といったファンタジー要素と、エンタテインメントの世界に関するストーリが絶妙に組み合わされた物語となる。

 なお、上記3作品のweb小説版の日本公開日は調整中とのことだ。

 WEBTOON Entertainmentグループの創業者でグローバルCEO、そして“WEBTOON worldwide service”の生みの親でもある金 俊九(キム・ジュンク)は、「HYBEとの協業を通じ、webtoonやweb小説のおもしろさと価値を世界中の方々に感じていただけることに期待しています。グローバルで競争力をもつスーパーIPとwebtoon/web小説を融合し、完成度の高い良質のコンテンツをお披露目していきます。」と語っている。

※webtoonとは
スマートデバイスやパソコンでの閲覧に適した、上から下に読み進める縦スクロール形式のデジタルコミック。

※WEBTOON worldwide serviceとは
全世界に向け10カ国語でサービス展開する、電子コミックを中心としたプラットフォームの連合体。代表的なサービスは、LINEマンガ(日本/LINE Digital Frontier株式会社)、WEBTOON(北南米・欧州/WEBTOON Entertainment Inc.)、NAVER WEBTOON(韓国/NAVER WEBTOON Ltd.)、LINE WEBTOON(東南アジア)など。各プラットフォームサービスを合算した月間利用者数(MAU)は7,200万、累計ダウンロード数は2億を超え、電子コミックにおけるグローバル規模は圧倒的な世界第1位です。

画像=(c)HYBE



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる