>  >  >  > TAMI CHYNN

TAMI CHYNN

(タミー・チン)

ここ数年、ディワリ、クーリィダンス、レゲトンと流行のリディムが次々生まれ、ダンスホール・レゲエのメインストリーム化が著しい。中でもショーン・ポールの世界的な成功は、多くの後続アーティストに道を開いたと言っていいだろう。そのショーン・ポールの最新作『ザ・トリニティー』に収録の「オール・オン・ミー」でフィーチャーされ、06年夏に『アウト・オブ・メニー…ワン』でアルバム・デビューを飾ったのが、このタミー・チン嬢。ジャマイカはキングストン生まれ、父親が中国系で、母親はイギリス系という出自の混血美人シンガーだ。
デビュー・シングル「ハイパーヴェンティレイティング〜恋はハイ↑ハイ↑ハイ↑」は、これまたショーン・ポールのヒット・シングル「ウィ・ビー・バーニン」でお馴染みのリディム、ステップス使いでエロかわいく息を切らすイケイケ・チューンとなっており、邦題同様に少々キワモノ感があったのは事実。だが、サウス・ソウルが手掛けたアルバム全体のプロダクションは、ポップ寄りでR&Bの要素も取り込みつつ、音楽性の芯にはダンスホールがあり、決してやっつけ仕事になっていない。そして、浮遊感のあるタミー・チンの歌声が最大の魅力なのは言うまでもない。フックにパドワ(ジャマイカ訛りの英語)を使う曲があるように、ジャマイカに対する彼女の思いも本物。歌、顔、心意気の3拍子が揃った新星女性レゲエ・シンガーの今後に大きく期待!

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版