>  >  >  > Silvetti

Silvetti

(シルヴェッティ)

70年代後半から80年代前半にかけて隆盛を誇った米ブラック・ミュージック・レーベル<サルソウル>を中心に活躍したアレンジャー/コンポーザー/プロデューサー。ソロ名義での代表曲は、77年の「スプリング・レイン」。彼の持ち味であるアクロバティックな展開、ドリーミンなメロディを存分に楽しむことができる逸品。かの電気グルーヴは、大ヒット・ナンバー「シャングリラ」のサンプリング・ネタとして同曲を使用。日本のポップ・ファンの間にもその名を轟かせた。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版