>  >  >  > 知名定男

知名定男

(チナサダオ)

ネーネーズの育ての親として知られ、他にも琉球フェスティヴァルのプロデュースや自主レーベル<ディグ・レコーズ>の主宰など、オキナワ・ミュージック発展に力を尽くすリーダー的存在である。
幼い頃より島唄に親しみ、10代前半で登川誠仁に弟子入り。12歳でデビューを果たし、”天才少年”として一躍脚光を浴びた。そして26歳の時にリリースした「うんじゅが情どぅ頼まりる」が、沖縄で空前の大ヒットを記録。そのまま本土でもデビューを果たすこととなる。知名の魅力は、ストレートに島唄を表現するのではなく、レゲエやロックなどのエッセンスを交配させ、伝統に新たな血を導入して生き返らせている点にある。こうした志向は、後のネーネーズなどのプロデュース・ワークにもよく表れているだろう。
近年は裏方業に徹しているが、96年には三線弾き語りによるライヴ盤『遊び唄・情け節』を発表。沖縄の悠久の歴史が透けて見えるような朗々とした歌声からは、シンガーとしてもまだまだ一流であることを印象付けた。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版