>  >  >  > Crosby, Stills and Nash

Crosby, Stills and Nash

(クロスビー・スティルス・アンド・ナッシュ)

神々しいハーモニーとメロディアスなフォーク・ロックを繰り出すクロスビー、スティルス&ナッシュは、ザ・バーズのデヴィッド・クロスビー、バッファロー・スプリングフィールドのスティーヴン・スティルス、そしてホリーズのグラハム・ナッシュという錚々たる顔ぶれの集合体だ(ちなみにニール・ヤングは70年に加入し、気の向いた時だけ参加している)。68年に結成されたこのスーパー・グループは現在も、新世紀に向けてメロディアスなソウル・ミュージックを送り続けている。バンド名を冠したデビュー・アルバムに比べれば最近の作品はきっちりとプロデュースされているが、彼らの典型的ヴォーカル・スタイルはしっかり健在。また、荒削りでエッジの利いたエレキ・ギターのサウンド、そして絶妙なリフが際立ってきている。メロディアスなポップからアコースティック・フォーク、そしてハード・ロック、また時にはしょうもない80年代ポップにも手を出してみたりと、ジャンルを自由自在に行き来している。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版