>  >  >  > Antonin Dvorak

Antonin Dvorak

(アントニン・ドヴォルザーク)

ロマン派を代表する作曲家のひとり、アントニン・ドヴォルザーク(1841-1904)はオーケストラ音楽の分野において、チェコの民族色を打ち出した独自の作曲スタイルを築いた先駆者であり、それと同時に他の国々の音楽を大胆に流用したことでも知られる。初期にはシューベルト、ブラームス、ベートーヴェンなどからインスピレーションを受けていたドヴォルザークの音楽性は、チェコの民族音楽との出会いを経て本格的に花開いた。例えば、力強い民族主義を発散する交響曲第6番では、チェコの民族舞踊を4楽章構成の緻密な作品に取り込んでいる。後に3年ほどアメリカに滞在し、彼の音楽的視野はさらに開かれていった。「新世界交響曲」として世界的に有名な交響曲第9番は、ネイティヴ・アメリカンやアフロ・アメリカン民族文化のメロディやリズムの要素を取り入れた作品だった。彼の情熱や華やかさ、ドラマティックな要素を好む傾向、そして絶え間なき発展を求める完全無欠な耳は、さまざまな情感や質感、そして旋律に彩られた息を呑むほど素晴らしい世界へと聴き手を導く。そうドヴォルザークの音楽は、まるで巨大なカンヴァスに描かれた緻密な絵画のようだ。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版