> David ‘Fathead’ Newman

David ‘Fathead’ Newman

(デヴィッド・ファットヘッド・ニューマン)

デヴィッド・ファットヘッド・ニューマンの豊かなサックスの音色は、ジャズやポピュラー・ミュージックの分野で最も安心して聴くことのできる不変のサウンドの1つである。ニューマンは、レイ・チャールズのバンド・メンバーとしての長い活動期間中に有名な存在となり、その後ソロ・アーティストとして、また多忙なサイドマンとして出世の道を歩んだ。レイ・チャールズ・バンドで一緒だったハンク・クローフォードと並んで、ニューマンはゴスペルのフィーリングやジャズ・クラブの空気といったものをソウル・ジャズで表現したアーティストだ。彼はまたヴォーカルの伴奏としても素晴しい演奏をし、彼のサックスは多くのジャズやリズム&ブルース、そしてポップ・ミュージックのアルバムにフィーチャーされている。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版