>  >  >  > Phife Dawg

Phife Dawg

(ファイフ)

ヒップホップの好事家を自任する人でインテリジェント・ヒップホップのパイオニア=トライブ・コールド・クエスト(ATCQ)を嫌いな人はいないだろう。高校の同級生同志が結成したこのATCQも、アルバム『ラヴ・ムーヴメント』(98年)を最後に解散してしまったが、このグループのラッパー=ファイフ(・ドッグ)も残りのふたりと同様、現在ではソロとして活動している。グループ時代はどうしてもQ・ティップのサブMC的な役割で見られていた彼だが、そのトボけた感じの親しみやすいラップは、グループになくてはならない存在であった。
そんなファイフが00年に発表したソロ・デビュー作『ヴェンティレーション:ダ・LP』も、相変わらず“味”のある口調と声質で全編が貫き通されている。その新しい側面を見せようとしないマイ・ペースなところがいかにもファイフらしく、大変好ましい。また作品のカラーを形成するサウンド群は、ATCQ時代のそれと地続きで、耳当たりがよく、どこかコミカル。そして、ジャズ・サンプリングを基調にしているためか、ほのぼのとした旅情的&牧歌的雰囲気に包まれたものに仕上がっている。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版