>  >  >  > MIDTOWN

MIDTOWN

(ミッドタウン)

「エモって何?」と、よく訊かれるが、う〜ん難しい……。 エモーショナルなヴォーカリゼーションと強烈なギター・サウンド、転調の激しいスタイル——といっていいのだろうが、その実はオルタナ・ロックの中でも特にパンク色が強いものだったりする。日本での捉え方って、結局”メロコア”っていう言葉の「代替」みたいなところもあるし……。
ミッドタウンはそのエモ・シーンの最有望株バンドである。98年に結成された彼らは、1stアルバム『save the world,lose the girl』(なんて意味深なタイトル…)を00年にリリース。前述したいわゆるエモ・スタイルから、ファストなギター・リフが突っ走るパンク・ソング、ウィーザーなんかにも通じるパワー・ポップと多彩な曲をエネルギッシュに繰り広げている。そして、なんといってもグッと気分を高揚させてくれるメロディと気持ちよすぎて失禁寸前(!)のギター・サウンド———こんなにも純粋で、突き抜けんばかりのバンド・アンサンブルを目の当たりにしたら、もうそれは腕を突き上げて歓喜するしかない。これを聴かずして死ねない!

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版