>  >  >  > HADOUKEN!

HADOUKEN!

(ハドウケン)

日本が生んだ格闘対戦ゲームの傑作『ストリートファイターII』のキャラクターであるリュウとケンの必殺技“波動拳”からバンド名を拝借したハドーケン!。06年冬、自主レーベル<サーフェイス・ノイズ>からデビュー・シングル「ザット・ボーイ・ザット・ガール」を発表。イギリスでは当時、「グライム」(イースト・ロンドンの貧しい地域で生まれたストリート密着型のヒップホップ)と「インディ・ギター・ロック」という二つの要素をミクスチャーしたサウンドを織り交ぜた「グラインディー」なるジャンルで括られていた。それもそのはず、バンドの中心人物であるジェイムス(vo)は、ハドーケン!結成前に、“ドクター・ヴェノム”名義でグライム・プロデューサーとしてキャリアをスタートさせていたのだ。しかし、黒人のコミュニティーが圧倒的に多いシーンの中で、ドクター・ヴェノムとしての彼のキャリアはあまりいいものではなかった。

その後、ロンドンから北のリーズに移ったジェイムスは、カイザー・チーフスを筆頭に盛り上がっていた、リーズの音楽シーンに影響を受け、バンドを結成。大学の親友でもあったダン(b)とアリス(key)、ダンの弟のニック(dr)、そしてニックと同じ音楽学校に通っていたクリス(g)が加わり、再び拠点をロンドンに移すことに。当時のロンドンは、音楽のクロスオーヴァーが当然のようにに行われ、ロックやメタル、ヒップホップやレイヴも全てごちゃ混ぜになっていた。そんな音楽シーンに圧倒されたハドーケン!もジャンルをマッシュ・アップするスタイルを確立するようになり、前述した「ザット・ボーイ・ザット・ガール」が、NME誌のビデオ・クリップ・チャートに食い込むと同時にプレイ数が170万回を超える<MySpace>や、ラジオでの人気を介して、一気にシーンに浮上。

07年夏に『SUMMER SONIC 07』で初来日を果たし、5曲入りEP『リキッド・ライヴス』を発売。08年7月に、日本デビュー・アルバム『ミュージック・フォー・アン・アクセラレイテッド・カルチゃー』をリリースし、『SUMMER SONIC 08』で再来日が実現、9月には初のジャパン・ツアーを敢行し大成功に収めている。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版