> Gilberto Gil

Gilberto Gil

(ジルベルト・ジル)

ジルベルト・ジルは60年代後半にブラジルで盛り上がった、ラテン、ワールド・ミュージック、ポップ、そしてロックの要素を融合したコスモポリタン・サウンドを生み出し、トロピカリア・ムーヴメントを牽引した。カエターノ・ヴェローゾと一緒にこのムーヴメントの先頭に立っていたジルは、ヴェローゾに比べるとより地に足のついた、難解なアートっぽさの少ないサウンドを追求することが多かった。素晴らしい声を持ち、才能豊かな作曲家である彼は、祖国のサンバやボサノヴァを見事に表現。そのままペースを変えて強烈なファンクに突入し、さらにそこからレゲエに向かうことが出来た。卓越した技巧の持ち主で、様々な音楽スタイルに対する愛情をあからさまに表現したジルだが、決して欲張りすぎているように感じさせることはなかった。彼は50年代後半以来ずっとブラジル音楽界の一角を担い、現在では世界的なスターになっている。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版