> Debbie Gibson

Debbie Gibson

(デビー・ギブソン)

デビー・ギブソンは16歳で、作詞/作曲/アレンジ/プロデュースのすべてをこなした『アウト・オブ・ザ・ブルー』(87年)でデビューを果たす。このアルバムから「オンリー・イン・マイ・ドリームス」がヒット。80年代の(アイドル)ポップ・ロック・シンガー・ブームの火つけ役として、ティファニーと共にシーンに台頭していく。
彼女が確固たる地位を築いたのは『エレクトリック・ユース』(89年)によってである。ハイトーンで伸びやかに歌い上げるヴォーカル。シンセサイザーとエレクトリック・ビートを前面に押し出した、軽快でダンサブルなサウンド。それらが一体となったポップ・チューンの数々は爽快に響いた。また、叙情的なメロディが胸を打つバラード・ナンバーも彼女の持ち味のひとつと言える。——結果として、このアルバムは600万枚以上のビッグ・セールスを記録。シングル・カット曲「ロスト・イン・ユア・アイズ」は全米No.1に輝き、ライバル視されていたティファニーに大きく差をつけるに至った。
その後も『エニシング・イズ・ポッシブル』(90年)、『ボディ・マインド・ソウル』(93年)と、きらびやかなソングライティングで作品を重ねると共に、ミュージカルやTVドラマなどで女優としても活躍している。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版