Nornis、ROF-MAO、▽▲TRiNITY▲▽、ChroNoiR……音楽や配信活動に新展開も、にじさんじユニットの現在

 VTuber/バーチャルライバー界の一大勢力であり、今や音楽シーンにも大きな影響を与える存在になりつつあるバーチャルライバーグループ「にじさんじ」。約150名が所属するグループの中で今回はユニットに焦点をあて、その音楽やコンビの魅力について触れてみたい。

Nornis

Nornis “Abyssal Zone”

 直近で話題を呼んでいるのが、6月23日に始動した新ユニット「Nornis」。町田ちま、戌亥とこ、朝日南アカネによる3人組ボーカルユニットだ。町田と朝日南は歌手になることを夢見て日々活動しているライバーでオリジナル楽曲も配信。戌亥も卓越した歌唱力が人気を博し、オリジナル楽曲の配信やソロライブを行うなど、各々が歌唱力に定評があり、すでに完成されている実力派と言えるだろう。こうしたユニットはYouTubeチャンネルでのコラボ動画などから発展していくのが定番だが、Nornisは音楽活動や人気において実力者を集めた、アベンジャーズ感の強い精鋭ユニットだ。ユニット初のオリジナル楽曲「Abyssal Zone」は、VTuberやライバーシーンでポピュラーなアイドル系楽曲とは異なり、それぞれが特徴を持った歌声で、ダークで幻想的な世界観を生み出す。オーケストラをバックに、空のように広く、海のように深い伸びやかで透明感のある3人の歌声、ハーモニーに衝撃を受けたというリスナーの声も多い。今後の活動が最も期待されるユニットだ。

ROF-MAO

ROF-MAO – 前進宣言

 4月13日に『Crack Up!!!!』をリリースし、にじさんじ所属ライバー初のオリコン週間合算アルバムランキング第1位、Billboard JAPAN週間アルバム・セールス・チャート“Top Albums Sales”でも首位を獲得した「ROF-MAO」。加賀美ハヤト、剣持刀也、不破湊、甲斐田晴の4人による男性ユニットで、2021年10月21日の結成以降、「体を張ってなんでもやります、見た目だけじゃないカッコよさ」を合言葉に、YouTubeでのにじさんじ公式番組「木10!ろふまお塾」やオリジナル楽曲を発表するなど幅広く活動している。Q-MHz作詞・作曲の「New street, New world」は疾走感あるロックナンバー、首藤義勝(KEYTALK)が手掛けた「I wanna! You wanna!」は、軽快なリズムと掛け声が印象的なパーティーチューン、Ado「うっせぇわ」を手がけたsyudouによる「前進宣言」は、4人が個性豊かに言葉を畳みかける楽曲。syudouのダークな世界観も、この4人にかかれば爽やかでアゲアゲのものに変えてしまうところに力強さを感じる。また、6月23日には『Crack Up!!!!』収録曲「知っている手紙」のアニメーションMVも公開された。何事も一生懸命に取り組むカッコ良さ、ファンを楽しませるノリの良さが彼らの魅力だが、音楽面においてもそれを踏襲し、ファンを楽しませているのが愛される理由だろう。

関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「音楽シーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる