JO1 白岩&OWV 本田、INI 木村&OCTPATH 四谷……『KCON 2022 Premiere』日本公演で再会するメンバーたち

 5月14日、15日に千葉・幕張メッセで開催される『KCON 2022 Premiere』日本公演に、『PRODUCE 101 JAPAN』(GYAO!/TBS系)シリーズから誕生したグループが多数出演する。出演が発表されたグループはJO1、OWV、円神、INI、OCTPATHの5組。かつての戦友たちが集まるとあり、Twitterでは「日プ同窓会」というワードがトレンド入りを果たしていたほどだ。そこで『KCON 2022 Premiere』をきっかけに、グループの垣根を越えて『PRODUCE 101 JAPAN』シリーズの中で人気だったメンバーの組み合わせを数組振り返ってみたい。

 まず、『PRODUCE 101 JAPAN』から。数多くの人気コンビや組み合わせが存在していたが、ここではJO1・白岩瑠姫とOWV・本田康祐を挙げたい。白岩と本田はクラス分けテストのグループ「反逆のプリンス」ですでに一緒だった。その後もポジションバトル「OVER THE TOP」で同じグループになり、白岩はセンター、本田はリーダーとしてグループを牽引。最後のデビュー評価も「YOUNG」をともに披露してきた。そんな2人は一緒にいることが多いイメージであった。特に未公開シーンでは常に近くにおり、本編の中で大きく関わっているシーンは少なかったものの細かな部分から仲の良さが伝わってきた組み合わせだろう。そしてこの2人を語る上で欠かせないのは、ポジションバトルだ。責任感が強く、熱い本田はリーダーとしてメンバーたちにダンスを教えていた。しかし、ダンス未経験のチームメイトが多かったため思うように練習が進まない。そのことに行き詰まりを感じてしまっていた本田に代わり、ダンスを教え始めたのが白岩だったのだ。最終的に本田は「瑠姫がいてよかった」という旨のコメントをしており、2人の絆がしっかりと見えていた。それこそが2人が人気の組み合わせだった理由の一つなのだろう。



関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる