>  >  > アニソン定額配信スタート! 

世界初、アニソン定額配信サービススタート! 鈴木みのり、諏訪ななか、三森すずこ、吉岡茉祐、駒形友梨が登壇

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アニメソングを取り扱うレコード会社とその関連企業が集まり、新会社「株式会社アニュータ」を設立。本日3月24日より、アニソン定額配信サービス『ANiUTa』をスタートした。

 「株式会社アニュータ」は、代表取締役社長を株式会社フライングドッグの佐々木史朗氏が務め、株式会社フライングドッグ、エイベックス・ピクチャーズ株式会社、株式会社KADOKAWA、サンライズ音楽出版株式会社、東映アニメーション音楽出版株式会社、東宝株式会社、株式会社フロンティアワークス、株式会社ポニーキャニオン、株式会社マーベラス、株式会社ランティスが参画。この日は報道陣向けの発表会にあわせ、『FRESH! by AbemaTV』と『ニコニコ生放送』でもイベントの中継が行なわれた。

 冒頭、司会進行を務めるニッポン放送の吉田尚記氏がサービスの概要を説明。スマートフォン向けアプリ『ANiUTa』では、約5万曲のアニメ・特撮ソング、ゲーム楽曲、ボーカロイド楽曲(うち約2万曲はサブスクリプション初解禁)などを配信する。イベント序盤では、同アプリのタイトルボイスを担当した坂本真綾から「『ANiUTa』サービス開始おめでとうございます。デビュー作の『約束はいらない』がリリースされた1996年には、音楽をCDなどのパッケージでファンのみなさんにお届けしていました。今では配信でさらに多くの方にさまざまな楽曲を楽しんでいただけるなんて、驚くとともに素敵なことだと感じています。この度は第一弾サウンドロゴの音声を担当させていただき光栄です」とコメントが寄せられた。

20170324-aniuta3.jpg

 

 その後、鈴木みのり(ワルキューレ)、諏訪ななか(Aqours)、三森すずこ、吉岡茉祐(Wake Up, Girls!)、駒形友梨が登壇し、トークがスタート。吉田が「今まで聴かなかった曲との出会いも増えそうですよね。『ANiUTa』をこういう風に使ってみたいというのはありますか?」と質問すると、鈴木は「いいアニソンを探すときに、一つ一つのアニメから探していたんですけど、『ANiUTa』なら一つにまとまっているので探しやすくなるし、試聴もしやすくて。いままでよりたくさんアニソンに触れられる」と、サービスの目玉機能である『作品検索』について説明すると、諏訪は「今まではCDでしか手に入れられなかったので、『ANiUTa』だとアニソンの新曲がすぐに配信で聴けるのがいいですね」とコメントした。

 また、三森は「レギュラーのラジオ番組で、ゲストの方の楽曲を下調べで聴くときに検索して購入もしていたけど、それが簡単になりますね。ライブで自分以外の楽曲をコラボで歌うこともあるんですけど、『ANiUTa』は場合によって歌詞も出るんですよ。曲を聴きながらタブレットで歌詞を確認できるのは便利だなと思いました」と、仕事面でも活かせる機能が充実していることを紹介。吉岡は「共演する方の予習復習ができるのは魅力的だし、アニソンだけじゃなくて特撮やボカロ、2.5次元系があるので、便利だなと思いました。アプリもサクサク動くし」と操作性を評価すると、駒形は「携帯の容量がパンパンになってきているんですけど、これだと容量を気にしなくていいし、よくカラオケにも行くのでこれでレパートリーがさらに増えそう」とストリーミングサービスならではの利点を明かした。

 続けて、三森による実機を使ったデモンストレーションが行なわれた。三森は「三森すずこ」で検索し、「ソロからキャラソン、CVのものまである!」と驚くと、吉田は「作っている中の人もアニメが好きな“ガチの人”なので、タグ付けにも愛情を感じますね」と補足した。

 イベント中盤では、5人が作ったオリジナルのアニソンプレイリストを公開(詳細はこちら)。鈴木は「いろんなレコード会社さんの作品が入っているので、そこを意識しました。鈴木のおすすめアニソンプレイリストを作るというか、流れとして聴いてもらえたら嬉しいです。あとは心に残っているものを選んでいて、一番気に入っているのは『かみちゃまかりん』のオープニングだった『暗黒天国』(ALI PROJECT)」と紹介すると、諏訪は「私は他のサービスにはあまり入っていないキャラソンをたくさん選びました。1曲目の『HAPPY PARTY TRAIN』(Aqours)が私の演じる松浦果南ちゃんのセンター曲で、4月8日から配信されるので聴いてほしいです」と告知した。

 続けて三森は「学生時代はダンス漬けでアニメから離れていて、声優になってからアニメを見るようになったので、そこから一緒に歩んできた曲たちが入っています」と語ると、吉岡は「主に声優になってから関わらせていただいた曲から半分を、そして中高時代にバイブルだったアニソンたちを入れさせていただきました。『もってけ! セーラーふく』は自分も学生時代セーラー服を着て踊っていた曲」と明かし、駒形は「坂本真綾さんが本当に大好きなんですけど、少しだけ他の曲も入れました。あとは『プリキュア』の曲もたくさんはいっていて、2曲目の『Miracle Go! プリンセスプリキュア』はオーディションで歌って合格した曲です」と印象的なエピソードを語った。これに対し、吉田は「オーディションのときにみんなが歌った曲プレイリストも作れますよね。あと、想像力の高いアニメファンの方が作ったプレイリストも人気が出るのかも」と応用的な使い方を示した。前半最後は鈴木が「いちオタクとして、今まで聴いていたアニソンやボカロ楽曲などを聴けるのが嬉しいです。これからも一緒に楽曲を楽しみましょう!」とコメントし、5人の出番が終了した。

      

「世界初、アニソン定額配信サービススタート! 鈴木みのり、諏訪ななか、三森すずこ、吉岡茉祐、駒形友梨が登壇」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版