>  >  > キスマイが“ブサイク”を売りにする理由

キスマイが“お笑い路線”を邁進!? ジャニーズ若手楽曲の新機軸とは

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インパクトの強い今回の楽曲も、実はよく計算されているという。

「あそこまで自虐的な笑いに走ったのは珍しいですが、ユニークな楽曲は、実は昔からジャニーズが得意としてきた路線。たとえばシブがき隊の『スシ食いねェ!』などは、その典型です。キスマイはもともと『SHE! HER! HER! 』のように、聴いた人が『なにそれ?』と気になってしまうようなキャッチ―な曲を得意としていましたから、今回の楽曲もハマっているんじゃないですかね」

 Kis-My-Ft2は今後、ジャニーズの中でどのようなポジションを占めていくのだろう。

「キスマイはよく、SMAPと抱き合わせでテレビ出演することが多いのですが、飯島マネージャーは彼らをSMAPの後釜にしたいと考えているのではないでしょうか。SMAPに弄られているグループとなれば、多くのSMAPファンも彼らのことが気になるでしょうし、飾らないキャラクターの4人と、イケメン路線の3人の組み合わせは、幅広い層に受け入れられる可能性が高いです。一見するとおちゃらけた企画ばかりしているようですが、メンバーの中にバラエティ担当やドラマ担当など、突出したキャラクターを育てている最中なのだと思います。いずれはとともに、ジャニーズの二大巨頭にしたいのでは」

 中居プロデュースで、さらにSMAPとの近しさを感じさせたKis-My-Ft2。今回のユニークな楽曲は、多くのひとに「親しみやすさ」を感じさせたのではないだろうか。
(文=編集部)

      

「キスマイが“お笑い路線”を邁進!? ジャニーズ若手楽曲の新機軸とは」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版