キスマイが“お笑い路線”を邁進!? ジャニーズ若手楽曲の新機軸とは

20131102-kismyft.JPGデビュー前はKAT-TUN的なキャラクターだったというが……

 Kis-My-Ft2のメンバーのうち、後列の4人である横尾渉、宮田俊哉、二階堂高嗣、千賀健永が組んだユニット「舞祭組(ブサイク)」が、従来のジャニーズとは異なる路線でデビューし、注目を集めている。舞祭組は、SMAPの中居正広がプロデュース、作詞・作曲・振り付けまでを手掛け、これまであまりスポットを浴びなかった4人のキャラを、自虐的なユーモアを交えて演出しているのが特徴だ。

 11月12日深夜に放送された新音楽番組『Sound Room』(TBS)では、デビュー曲の『棚からぼたもち』を地上波で初披露。「僕たち四人で大丈夫なのか?」「いきなり注目厳しいかな」といったフレーズを、地味なスーツ姿でヤケクソ気味に歌うパフォーマンスに、ネット上では「舞祭組インパクトすごすぎ」「横尾さんの歌いっぷりが面白すぎてニヤニヤしてしまう」「想像してたのとだいぶ違うけど、これはこれでありだな」といった声が上がっている。

 いったいなぜ、Kis-My-Ft2は思い切った楽曲をリリースしたのか。その狙いを、ジャニーズに詳しい芸能ライター、ジャニ子氏に訊いた。

「舞祭組は、『キスマイBUSAIKU!? 』(フジテレビ)という番組で組まれたユニットなんですが、そもそもこの番組自体が従来のジャニーズの常識を覆すようなものでした。インターネットでキスマイを検索すると、予測検索で2番目に『ブサイク』と出てしまうことを受けて、本当にキスマイはブサイクなのかを検証するというバラエティ番組で、メンバーが自分でカッコイイと思うことをビデオ撮影し、それをファンではない女性に見せて、どれくらいキモがられるかを競うという内容なんです。今までだったら聴こえないフリをしていれば済んだアンチの声を、あえてネタにしているんですね。今回、人気のない4人を抱き合わせて売り出したのも、そういった“三枚目路線”の延長にあるのでは」

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!