>  > カオスなフェス「ボロフェスタ」の魅力

BiS階段がTバックを投げるパフォーマンスも…カオスなDIYフェス「ボロフェスタ」の魅力とは

関連タグ
BiS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20131107boro.jpg「ボロフェスタ2013」公式サイトより

 9月25日~27日に京都KBSホールにて行われた「ボロフェスタ2013」。ソウル・フラワー・ユニオンやPolaris、BiSでんぱ組.incなど人気アーティストから、関西方面で活躍するインディアーティストまでが集結し、25日の前夜祭を含め全公演ソールドアウト。関東の方には馴染みがないかもしれないが、フェス乱立の時代において個性を際立たせている、今注目すべきDIYフェスだ。 本稿では最終日の27日に注目し、その魅力をレポートしたい。

 まずこのフェス、とにかく忙しい。全部で5つのステージからなる会場では、同時多発的にライブが開催されるので、常に見て回らないと気が済まない。3つのステージが隣接された1階では、忘れらんねえよが暑苦しいほどのプレイで観客を沸かせた後は、Homecomings、Predownらが清涼感のある演奏を披露し、会場をクールダウンさせる。舞台の後ろにそびえる大きな幕が開け放たれると、一面に美しいステンドグラスが登場。曲の美しさを際立てて、特別な気分にさせてくれた。同時に地下ステージでは、関西を中心に活躍するインディバンドが多く出演。濃厚でダンサブルな音楽を見せたワンダフルボーイズ、シティポップな空気をユルユルと感じさせるEnjoy Music Clubなど、新しいアーティストとの出会いに満ちている。また、ロビーのステージでは風営法についてなどのトーク・セッションを開催することも。

 特筆すべきアクトをいくつか紹介しよう。関西出身、いまや東京でも大人気のキュウソネコカミ。「パンティ! 」と、モーモールルギャバン(前夜祭出演)のパクりを取り入れつつ、「DQNなりたい、40代で死にたい」では”ヤンキーこわい”というコール&レスポンスで会場がひとつに。先日の早稲田祭で細野晴臣と共演したことが記憶に新しいceroは、メンバー一人ひとりのテンションがいつも以上に高く、活き活きとしていた。 名曲「ディアハンター」や、音源の世界観をより増幅させた「船上パーティ」が印象的だった。復活を遂げた伝説のバンド・EP-4は今年リリースしたkraftwork「radioactivity」のカバーを披露。その渦巻くグルーブに、もはやEP-4の曲としか思えなかったほどの衝撃を覚えた。

 演奏以外で注目したいのは、会場内の看板や装飾だ。よく見てみると段ボールでできていたりと、すべて手作りだということがわかる。実は高校生や大学生、バンドマンらで構成されたボランティア・スタッフがステージ設営から装飾、当日の警備まで担当しており、そのユルさも含め良い意味で”ボロ”なのだなと実感できる。しかしこのフェス、今年で12回目。京大西部講堂からスタートし、試行錯誤を繰り返した結果、今日の京都KBSホールへと至る。しっかりとしたフェスとして運営がなされているわけだから、単に”ボロ”だとは言えないのだ。

      

「BiS階段がTバックを投げるパフォーマンスも…カオスなDIYフェス「ボロフェスタ」の魅力とは」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版