>  >  >  >  森高千里、名曲に漂う90年代の空気感

森高千里、90年の名曲『この街』セルフカバー公開 カラッとした“郷愁感”に浸ってみる

関連タグ
森高千里
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
森高千里「この街」【セルフカヴァー】

 森高千里がYouTubeの公式チャンネルで行っている、セルフカバーを200曲公開する連続企画。アップされた最新バージョンは、90年の名曲「この街」のセルフカバーだ。70年代フォーク的な素朴な情景を描きつつも、「魚も安くて新鮮」など意外性のある言葉のチョイスで、カラッとした空気を作り出している。そのあたりが、J-POPの胎動期でもあった90年前後の音楽シーンの雰囲気を伝えていると言えるかもしれない。なお、当サイト編集部の長老部員の推薦で、この欄で森高の楽曲を取り上げるのは3回目である。

森高千里オフィシャルサイト

「森高千里、90年の名曲『この街』セルフカバー公開 カラッとした“郷愁感”に浸ってみる」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版