>  >  >  > 鬼才・清竜人がまたまた大変化

若手きっての”鬼才”といえばこの人 清竜人のクールなPVに漂う狂気

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 清竜人が10月23日、6枚目のアルバムとなる『WORK』をリリースする。

 2009年3月、シングル『Morning Sun』で正統派のシンガーソングライターとしてデビューした清竜人だが、新作をリリースするたびにその独特な世界観を深化させ、最近では「奇才」といった評価が定着した感もある。2012年の『MUSIC』リリース記念ライブでは、アイドルを思わせる衣装に身を包み、ミュージカル仕立てのライブを行ったことでも話題となった。他方、同年リリースの『KIYOSHI RYUJIN』では一転してシンプルな歌モノに取り組み、詩才の輝きを見せた。

 動画で紹介している「Zipangu」は新作『WORK』収録曲。ジャジーで洗練されたトラックに乗せて、テクニカルな歌唱を披露している。ポップなアニメーションと狂気じみた歌詞のギャップも見どころだ。

 いったいどこへ向かっているのか想像もできない清竜人だが、飛び抜けた才能の持ち主であることは間違いない。
(文=編集部)

オフィシャルサイト

「若手きっての”鬼才”といえばこの人 清竜人のクールなPVに漂う狂気」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版