>  >  > ベイビーレイズはアイドルロックの尖兵

エドボルのアイドル深読みリサーチ

アイドル界に“ロック”派が台頭! 「暦の上~」だけでは分からないベイビーレイズの新しさ

関連タグ
ベイビーレイズ
Perfume
BABYMETAL
ひめキュンフルーツ缶
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 9月6日のテレビ朝日系『ミュージックステーション』出演を契機に、注目度が増しているベイビーレイズ。もちろんキッカケは「暦の上ではディセンバー」。NHKの朝の連続テレビ小説『あまちゃん』の劇中に登場するアメ横女学園芸能コースが歌う劇中歌として登場したこの曲は、7月2日にiTunesで先行配信され、iTunes Storeウィークリーチャートで1位を獲得した。しかし、劇中歌として発表された段階では、この曲をベイビーレイズが歌っているということは発表されていなかった。

 その後、7月下旬にアメ女メンバーの成田りな役の水瀬いのりと共にベイビーレイズが歌っていることが判明。同時に9月11日(当初は8月中が発表されていたが)のリリースが発表された。現在のあまちゃんブームもあり一気に注目を集め、前出の『ミュージックステーション』の他にフジテレビ系『SMAP☓SMAP』、日本テレビ系『スッキリ!』などに出演し、ブレイクの兆しを見せ始めた。

 2012年5月に結成され、同年9月にデビューしたベイビーレイズ。2年以内での武道館コンサート開催を使命付けられた彼女たちは、これまでもライブを中心に地道に実績を積み重ねてきた。ベイビーレイズのライブ会場では、通常のアイドルのライブで見られるようなペンライトやサイリウムをフロアで見かけることはほぼ無い。デビューシングルから元SEX MACHINEGUNのANCHANGや元EL-MALO、現HiGEの會田茂一をカップリングで起用。前シングル「ベイビーアンビシャス!」でも楽曲提供にTOTALFATやSNAIL RAMPと現役のパンク・バンドが名を連ね、本格的なロックサウンドを意識的に送り続けている。

      

「アイドル界に“ロック”派が台頭! 「暦の上~」だけでは分からないベイビーレイズの新しさ」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版