「ビートルズは好きだが、ジョンレノンは好きじゃない」7月に急逝したMAKI THE MAGICの軌跡

 7月15日に急逝したキエるマキュウのMC、MAKI THE MAGICの追悼会『MAGIC FOREVER』が10月17日、東京・渋谷のClub Asiaで開催される。生前の彼と交流が深かったアーティストを中心に40組以上が集まり、ファンや友人と共に音楽とお酒で故人を偲ぶという。

 DJ、プロデューサー、そしてMCなど多くの顔を持つMAKI THE MAGICだが、ジキルとハイドのようなアーティストだった。

 DJ MAKIのミックスを聴いた時に、なんとなく“(DJ HASEBEのような)エロDJ”を想像した。それから2、3年後にライブで見たキエるマキュウの「NANJAI」。

I shot ya
1戦 2戦 参戦 なんぼでも受け立つ
舐め立つ 揉まれ立つ いきり立つ
サディズムマジックスナイパー
ハンパなき隣の変質者 略奪者 侵略者
スペースインベーダー 下りなきエレベーター
上りつめる のぼりつめる
お前の背後から狙いすましガンショット

 そのようにラップするMAKI THE MAGICというラッパーが、あのオシャレな選曲をするDJ MAKIと同一人物ということを知り、混乱した。エロさや二枚目感よりも、男臭さと破天荒さがMAKI THE MAGICからはあふれ出ていた。決してスムーズではないラップのギリギリ感がクセになる。

 ライムスターのライブにフューチャリングゲストとして登場すれば、その強烈な個性に思わず笑ってしまう観客がいた。そして、ライブDVDの副音声では、そんなMAKI THE MAGICの映像にライムスターが突っ込む。「キュートでキモカワ系の愛くるしさ」と表現したライターがいたが、言い得て妙だと思う。オンリーワンのラッパーだった。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!