>  >  >  > ミュージシャンが好きなサザン楽曲は?

ミュージシャンの力量が露わに!? サザン楽曲の異色カバーまとめ

関連タグ
サザンオールスターズ
BEAT CRUSADERS
BONNIE PINK
斉藤和義
つじあやの
奥田民生
七尾旅人
TRICERATOPS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 先ごろ5年ぶりに活動を再開したことでも話題のサザンオールスターズ。80年代から最新楽曲『ピースとハイライト』まで、すべての年代でオリコンチャート1位を獲得するなど、J-POP界の王座に君臨する彼らの楽曲は、さまざまなアーティストによってカバーされている。

「希望の轍」BEAT CRUSADERS

「希望の轍」BEAT CRUSADERS『MUSICRUSADERS』(DefSTAR RECORDS)収録

 テンポは原曲そのままながら、アレンジやリフにはビークルらしいエモさが全開! ボーカル・ヒダカトオルの声が、意外にも桑田ボイスとソックリ。どうやらそれは本人も自覚しているらしく、ところどころモノマネが入っているような気も……。

「真夏の果実」ボニ義(BONNIE PINK&斉藤和義)

「真夏の果実」ボニ義『REMINISCENCE』(ワーナーミュージック・ジャパン)収録

 AメロとBメロを交互に歌ってサビでハモるというデュエット風の構成が秀逸。アコースティックなアレンジが、原曲以上に切なさをあおる。サザン史上屈指のバラードだけに、EXILEから河村隆一まで数多くのアーティストがカバー。

      

「ミュージシャンの力量が露わに!? サザン楽曲の異色カバーまとめ」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版