>  > 冨田恵一はなぜ“マエストロ”と呼ばれる?

原由子、横山剣、椎名林檎らを迎えた新作を発表 マエストロ=冨田恵一の妥協なきレコーディング術

関連タグ
冨田恵一
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 冨田恵一によるソロプロジェクト「冨田ラボ」の4thアルバム『Joyous』が、10月23日に発売されることが明らかになった。ボーカリストとして、原由子(サザンオールスターズ)、横山剣(クレイジーケンバンド)、椎名林檎、さかいゆうの4人をボーカルに据え、作詞は椎名林檎、高橋幸宏、坂本慎太郎(ex.ゆらゆら帝国)、中納良恵(EGO-WRAPPIN’)、堀込高樹(キリンジ)、青山陽一が担当する。

 音楽の先生をしていた母の元で育ち、子どもの頃からピアノとエレクトーンを学んだ冨田。高校時代にはインストバンドにてギターを担当していたが、練習のあとには他のメンバーが置いて帰ったドラムやベースにも触れていた。そして、ラジカセでドラムを録音し、別のラジカセでベースを重ねる”ピンポン録音”をするうちに曲の構造を理解。大学時代には多重録音のできる機械を手に入れ、それを使って制作した楽曲が音楽雑誌の賞を獲得し、CDデビューの話が舞い込んだという。

中島美嘉「STARS」のプロデュースも

 1997年にプロデュースしたキリンジが注目を集め、その後はMISIA「Everything」、中島美嘉「STARS」、平井堅「RING」など数々のヒット曲をプロデュース。音楽ファンからの評価も高く、”ポップス界のマエストロ”とも呼ばれている。

      

「原由子、横山剣、椎名林檎らを迎えた新作を発表 マエストロ=冨田恵一の妥協なきレコーディング術」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版