>  >  >  > XTCを聴けば、Jポップが分かる!?

小野島大の「この洋楽を聴け!」 第1回:XTC

英国の至宝XTCを聴けば、日本のポップ史が分かる?

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ライターの小野島です。今回から洋楽のアーティストを紹介する連載を担当することになりました。新旧ジャンルを問わず、その影響を受けた邦楽アーティストとの関連を踏まえながら解説していきます。

 さて、先日パンク/ニューウエーブを紹介するラジオ番組「今日は一日”パンク/ニュー・ウェイブ”三昧」に携わった時、コメントゲストで出演してくれたのがサカナクションの山口一郎。彼が「パンク/ニュー・ウエーブこの1曲」ということで選んでくれたのがXTCの「Living Through Another Cuba」(1980)でした。

XTC「Living Through Another Cuba」(1980)

 XTCは英国出身。ボーカル/ギターのアンディ・パートリッジを中心にパンク・ムーブメントのさなかに頭角をあらわし、1977年にデビューした、ニュー・ウエーブの先駆けのようなバンドです。当初はキーボード奏者がいて、とんがったテクノ・ポップ的な位置づけでした。

XTC「Science friction」(1977)

 また1980年に発表されたアンディ・パートリッジのソロでは、こんな尖りに尖った、アバンギャルドなロックをやっていました。

Mr.Partridge (Andy Partridge)「The Rotary」(1980)

 当時YMOにいた坂本龍一は、これなどに触発されてソロ・アルバム『B-2 Unit』を作ったとも言われています。アンディ・パートリッジはその『B-2 Unit』にギタリストとして参加しています。それがこの曲。

Ryuichi Sakamoto「Not the 6 O’Clock News」(1980)

坂本龍一『B-2 Unit』収録

 やがてキーボードが脱退し、代わりにギターが加入してから音が変わり、XTCは本格派のロック・バンドとしてぐっと評価を高めました。前記の曲は通算4作目、ギター・バンドになってから2枚目のアルバム『Black Sea』(1980年)に収められています。中期XTCの最高傑作との声も高い充実作です。

 ビートルズ直系の非常にキャッチーな英国風メロディ、独特な和声感覚、鋭角的なリズム、屈折したポップ・センス、緻密にして凝りに凝ったアレンジと演奏。英国ロックの最前線にたったXTCですが、しかし、このアルバムを最後にライブ活動をやめてしまい、非常に趣味的な渋好みの室内楽的英国ポップに移行してしまいます。もちろんそうなってからのXTCも素晴らしいんですが……。

XTC「Dear God」(1987)

 ライブ・バンドとして、時代と並走していたころの生々しくダイナミックなロックとしては、山口さんの挙げた「Living Through Another Cuba」のころがベストだと思います。

      

「英国の至宝XTCを聴けば、日本のポップ史が分かる?」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版