>  >  >  > ファン選曲ベスト発売! イエモンの名曲動画まとめ

イエモン、ファン選曲ベスト発売 ヒットから解散までの軌跡を動画で振り返ってみた

関連タグ
THE YELLOW MONKEY
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 THE YELLOW MONKEYのファン選曲ベストアルバム『イエモン』が7月31日、発売される。
 
 結成20周年を記念した今回のアルバム。一般的な略称ではあるものの、バンド活動期にはメンバーが使用しなかった”イエモン”という呼称を、あえてアルバム名にしているのが特徴だ。

 お笑い芸人、野性爆弾の川島邦裕をフィーチャーしたジャケットアートワークも斬新で、ファンの間で大きな話題となっている。現在はアルバム発売に先駆けて、YouTubeにて全シングルの公式PVも公開されている。

 THE YELLOW MONKEYにとってターニングポイントとなった曲を振り返り、活動の軌跡を追ってみたい。

シングル初のトップ10入りした「太陽が燃えている」(1995年発表)

 1992年にメジャーデビューしたものの、思うように売れない時代が続いた。それまでのダークで妖しい路線から、ポップかつアッパーな路線へと転換し、初のオリコントップ10入りしたのが「太陽が燃えている」だ。

80万枚超えした「JAM」(1996年発表)

 1996年発表。ヒットした前曲とは一転、シリアスな歌詞でTHE YELLOW MONKEYの存在感を不動のものにした一曲。ファン選曲ベストでは2位にランクインしている。

      

「イエモン、ファン選曲ベスト発売 ヒットから解散までの軌跡を動画で振り返ってみた」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版