>  >  > Apple「iTunes Radio」が総スカン!

音楽ストリーミング戦争で、Appleは負け組に!? iTunes Radioが世界中で総スカンの理由

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20120710oyama-apple2.jpg「iTunes Radio」公式サイトスクリーンショット

 目新しいデバイスの発表がなく、Appleらしい新鮮さやサプライズに乏しい――。6月10日(現地時間)にサンフランシスコで開かれたAppleの開発者カンファレンス「WWDC 2013」に対して、ネット上での反応は失望の声が多数を占めた。「iOS 7」や「OS X Mavericks」といったOSの新版、より軽量化されたMacBook Air、円筒形のユニークなデザインをした次世代「Mac Pro」など発表された製品やサービスは多岐にわたるが、いずれの新機能や新サービスもすでに伝えられていたものばかりで、噂されていたiPhoneの新モデルや腕時計型デバイス「watch」、次世代TV「iTV」は披露されなかった。カリスマ、スティーブ・ジョブズ無き後、イノベーションの停滞がささやかれるAppleだが、今回のWWDC 2013も、消費者に漂う停滞感を払拭することができずに終わったと言えるだろう。

 そんながっかりイベントとなったWWDC 2013で、最も期待はずれに終わった発表が「iTunes Radio」だ。iTunes Radioは、iOS 7の「ミュージック」アプリの一部として提供される広告付きの無料音楽サービス。事前の噂では、「iRadio」などと呼ばれ、スウェーデン発の「Spotify」や、Googleが5月に発表した「Google Play Music All Access」と同様のサブスクリプション(定額)制音楽配信サービスになると期待されていた。が、蓋を開けてみれば、ユーザーの好みに応じた音楽をストリーミング配信するインターネットラジオサービスだった。フリーのインターネットラジオを200局以上用意し、ユーザーの再生がした楽曲やダウンロードした楽曲の情報をもとにパーソナライズされていくのがiTunes Radio特徴で、再生した楽曲はTunes Storeからワンクリックで購入できるという、あたかもiTunesでの楽曲販売を促進するかのようなサービスとなっている。

 「iTunes Radioは新しい音楽との素晴らしい出会い方を提供する」とAppleのシニアバイスプレジデント、Eddy Cue氏は胸を張るが、月額料金を支払えば1,500万曲の音楽ライブラリが聴き放題になるSpotifyと比べると、そのインパクトは明らかに乏しい。また、既に2億人のユーザー数を誇る老舗インターネットラジオ「Pandora」の後塵を拝するサービスであり、同社が10年前にデジタル音楽時代の幕を切って落とした「iTunes Store」に比べれば、革新性に欠ける新サービスと言うしかない。米Bloombergも、アナリストの意見として「iTunes Radioは素晴らしい無料のアプリで、多くの人に試されるはずだが、既存のPandoraユーザーがiTunes Radioに乗り換えるほどではないだろう」と報じており、他海外メディアの反応も冷ややかだ。

 音楽レーベルや音楽出版社との1年以上にわたる粘り強い交渉を経て、ようやく公表に漕ぎ着けたiTunes Radio。米Wall Street Journalによると、Appleは音楽出版社に対しPandoraの2倍のロイヤルティーを支払うなど、ライバル社より好条件でレコード会社との交渉を進めているという。こうした情報からも、iTunes Radioをもって競合ひしめく音楽ストリーミング市場に参入するAppleが、レコード音楽産業を自陣営に巻き込んで優位に立ちたいという強い意気込みが伺える。だが、その一方で、市場を支配しているiTunes Storeのビジネスモデルを、自身の新サービスによって壊すことはできないという同社の事情も、iTunes Radioからは透けて見える。その革新的なデバイスとサービスで唯一無二の企業となったAppleが、典型的な「イノベーションのジレンマ」に陥っていることは明確だ。

 iPod以降、音楽産業の構造変化を先導してきたApple。だが同社は今、音楽ストリーミングでもガリバーであり続けられるか否かの瀬戸際に立っている。

■大山貴弘
ライター/編集者。雑誌出版社、制作プロダクションを経て、2005年よりフリーライターとして活動。邦楽ロック、エンタープライズITなどを中心に、雑誌やWebメディア、機関誌などで取材・ライティングを手掛ける。

【関連リンク】
Apple、iTunes Radioを発表

「音楽ストリーミング戦争で、Appleは負け組に!? iTunes Radioが世界中で総スカンの理由」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版