>  >  > 奇跡の51歳! 浜田麻里がテレビ熱唱

奇跡の51歳! 浜田麻里 『FNSうたの夏まつり』出演で「スゴイ」の声が続出

関連タグ
浜田麻里
B'z
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20130731hamada.jpg

 本日31日、『FNSうたの夏まつり』に歌手・浜田麻里が出演。CDジャケットはとても50代には見えない美貌を保っているが、動く姿はどうなのか……? とドキドキしつつ、編集部スタッフ一同で視聴した。

 結果、ラインストーンが散りばめられた白いワンピースに身を包んだ姿は、予想以上にキレイ! 歌ったのは大胆にアレンジした「Return to Myself」で、歌唱力にも衰えはみられなかった。曲の最後には伸びやかなシャウトまで披露し、浜田世代のスタッフは大いに盛り上がっていた。

 ネット上の声を調べると、「相変わらずパワフルなパフォーマンス」「歌唱力がスゴすぎる」「綺麗だった! 51歳には見えない」と評判。懐かしさに浸るコメントが多く見られる一方、「この人、すごいね」という若い世代の呟きも見られた。

 浜田は1983年、「麻里ちゃんはヘヴィ・メタル」のキャッチコピーでデビュー。1989年には「Return to Myself 〜しない、しない、ナツ。」がヒットし、90年代に入ると海外にも進出。「ハードロックの女王」とも呼ばれ人気を博した。これまではメディア露出を控え、ライブとリリースをメインに活動してきたが、30周年の節目を迎えたことが今回の出演につながったようだ。

B’z・松本孝弘が下積み時代にギタリストを務めていたことも……

 B’zが結成される前の松本孝弘が下積み時代、浜田のライブやレコーディングでギタリストを務めていたことは、ファンの間では有名な話。2008年には2枚組25周年記念アルバム『Reflection-axiom of the two wings-』に参加し、同年のライブではゲスト出演している。

 8月7日には、浜田が自ら選曲・構成をする30周年記念アルバムが発売される。また、11月からはZEPP TOKYOなどの会場でツアーも開始される。今回の放送をきっかけに足を運ぶ人も多くなりそうだ。
(文=編集部)

「奇跡の51歳! 浜田麻里 『FNSうたの夏まつり』出演で「スゴイ」の声が続出」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版