>  > 「NEWVIEW AWARDS 2018」開催

VRコンテンツを募る「NEWVIEW AWARDS 2018」が開催!​「超体験」デザインする次世代クリエイターを発掘

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 株式会社Psychic VR Lab、株式会社パルコ、株式会社ロフトワークの3社が5月24日、「NEWVIEW AWARDS 2018」の開催を発表した。同アワードはクリエイティブプラットフォーム「STYLY」を使用したVR作品を表彰するもので、大賞の賞金額は2万ドル(約220万円)。新たな表現やカルチャー/ライフスタイルを追求し、「超体験のデザイン」を牽​引する次世​代クリエイターを発掘することを目的としているという。

 アワードで使用する「STYLY」(http://styly.cc)は、プログラミングの知識を全く必要とせず、デフォルトで用意された素材に加え、自身の持っている画像をアップロードしたり、YouTubeの映像や音楽を流すなどして、誰でも簡単にVR作品がつくることができるプラットフォームだ。STYLYを手がけるPsychic VR Lab のCEO・山口征浩氏は「VRだけでなくスキャニングの開発もおこなっており、参加者の方には無料で開放したい。現実世界のものを取り込んで、新しい世界を作ってもらえれば」とコメント。スキャナを使用すれば、洋服をはじめ、細かな表現もモデリングすることができ、表現の幅が広がるに違いない。

 同アワードの審査員にはm-flo、編集者の伊藤ガビン氏、音楽家の松武秀樹氏、株式会社パルコの泉水隆氏、海外からアーティストの陳怡潔氏(台湾)、KALEIDOSCOPEのRené Pinnell氏(米国)の6組が発表されている。

左から伊藤ガビン氏、松武秀樹氏、泉水隆氏

 伊藤氏は「勢いのある作品が見たい。クリエイターの方々は、自分の世界観を表現するためにやりきっていただけたら嬉しいです」、松武氏は「私も音楽を提供しますので、ぜひ作品に使用して、自分のDNAを表現する作品をつくっていただきたい」とコメント。泉水氏は「新生パルコではテクノロジーとファッションに力を入れていこうと考えております。なので、ぜひファッションを切り口としたVR映像を期待しています」と期待を寄せた。

 また発表会では、これまでSTYLYを使って作品を制作したクリエイターが登壇し、VR作品をつくる面白さを語るトークセッションが設けらた。映像作家の大月壮氏は「HTC VIVEが出たばかりの時に、『Tilt Brush』という空間に絵を描くことができるツールに触れて本当にびっくりしました。素直に未来だなと思ったし、映像・グラフィックは鑑賞なんだけどVRは体験要素が入ってくることがとても面白いと思います」とコメント。グラフィックアーティストのSTEREO TENNIS氏は、「VRを“体験する”ことへの興味はあったのですが、“作る”ことまで考えもしなかったので、こんな簡単に作れることがまず衝撃で、創作の幅が広がったように感じました」と、STYLYの登場をよろこんだ。同じく、グラフィックアーティスト/アートディレクターの伊波英里氏は、「これまでグラフィックは正面からしか見れませんでしたが、VR空間では360度、裏側も見ることができるので、ファッションの展示空間にしてしまうなど面白い使い方ができるなと感じた」と、その可能性について語っている。

左から大月壮氏、STEREO TENNIS氏、伊波英里氏

 このように、クリエイターたちも期待を寄せる「NEWVIEW AWARDS 2018」のテーマは、「DESIGN YOUR ULTRA EXPERIENCE」(超体験をデザインせよ!)。これまでのVRコンテンツにない新しさ/独自性、インパクト、体験が審査基準となり、冒頭に記したように、クリエイティブプラットフォーム「STYLY」を使って制作・公開されたVRコンテンツ作品が対象だ。応募期間は、6月1日(金)〜7月31日(火)12:00までとなる。

 期間中には、世界各地で制作を支援するワークショップも開催予定。VRに触れたことがない人や、まだ馴染みがない人も、気軽にVR空間を制作・体験することができる。このアワードをきっかけに多ジャンルのクリエイターがVR制作に参入し、未来の表現やアイデアが生まれることを期待したい。

(文=平沢花彩)

■NEWVIEW AWARDS 2018概要
■募集対象
 VR空間を駆使した新たな表現・体験を生み出せるクリエイティブプラットフォーム「STYLY」(h​ttp://styly.cc/)を 使って制作・公開されたVRコンテンツ作品が対象。制作プロセスにおいてSTYLY以外のツール (3DCG、ゲームエンジン、DAW etc.)の使用可能。すでに発表済みの作品も応募可能。

■賞について
ゴールド/Gold(1作品)賞金20,000USD
シルバー / Silver (3作品)賞金 5,000USD
・PARCO賞(1作品)後日発表
・松武秀樹賞(1作品):後日発表
・KALEIDOSCOPE賞(1作品):Kaleidoscope賞の受賞証明書1ヵ月のインターンシップ
・CINRA賞((1作品):後日発表

■スケジュール
・募集期間:2018年6月1日(金)〜 2018年7月31日(火)12:00(日本時間正午)
・一次審査結果発表(ファイナリスト40作品選出予定):2018年8月末予定
・ファイナリスト作品展示会:2018年8月末予定
・会場:GALLERY X BY PARCO
・最終審査結果発表:2018年10月上旬予定

■ホームページ
https://newview.design/awards/2018/jp

「VRコンテンツを募る「NEWVIEW AWARDS 2018」が開催!​「超体験」デザインする次世代クリエイターを発掘」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版