>  > 岩田剛典『崖っぷちホテル!』の演出

岩田剛典主演『崖っぷちホテル!』は“ホテルそのもの”も主役? “小さな奇跡”描く映像表現と、公式インスタグラムで深まる魅力

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 EXILE・三代目 J Soul Brothersのパフォーマー・岩田剛典が主演する『崖っぷちホテル!』(日本テレビ系)第1話が15日放送された。同作は、破産寸前の老舗ホテル「グランデ・インヴルサ」を舞台に、クセモノぞろいのスタッフたちが織りなすドタバタ劇を描くシチュエーションコメディー。民放初主演となる岩田は、ホテルに無理難題を突きつける謎の客・宇海直哉を演じ、戸田恵梨香が若くして総支配人となった桜井佐那役を務めている。

 第1話では、佐那がクセモノぞろいのスタッフたちに悩まされているところに、ラフな服装の宇海がふたりとやってきて、高価なスイートルームへの宿泊を希望する。そして、雑誌の買い出しや靴磨き、プールの清掃など、宇海はスタッフたちに次々と注文をするのだが、宇海のことを怪しんだスタッフはその仕事を中途半端に行う。ところが、宇海が実は一流ホテルであるバリストンホテルの副支配人であることが発覚。宇海による無理難題は、スタッフたちの姿勢を問うものだった。

 シチュエーションコメディーといわれる作品は、主要な舞台が固定されているのが特徴である。本作では「グランデ・インヴルサ」がそれに当たり、ドラマにおける主役のひとりといっても良いほど重要な存在だ。それを象徴するのが、第一話のハイライトとなった「水面に反射した夕日の演出」だろう。

 春なのにも関わらず、宇海が「水遊びがしたい」といったため、佐那はしぶしぶプールの清掃を行う。ところがいざプールを綺麗にすると、宇海は「寒そう」といって入らない。佐那は、プール清掃が宇海による単なる嫌がらせだと思い、ひとり部屋で不満を漏らしていたのだが、その瞬間、部屋が揺らめく光に包まれる。綺麗になったプールの水面に夕日が反射して、それがホテルの部屋を照らしていたのだ。五年に一度、このホテルを訪れているという古参の客、笹川加奈子は、この光景を見て亡き夫との思い出に浸り、プールを清掃した佐那に心からのお礼を述べる。彼女が泊まっていた部屋の名前は「ポルドソルスイート」。ポルドソルは、ポルトガル語で黄昏を意味する言葉で、この時期だけ部屋を照らす夕日は「グランデ・インヴルサ」がもともと売りにしていた仕掛けだったのだ。

 煌々と窓から差し込む光が、幻想的に揺らめきながら「ポルドソルスイート」を柔らかく照らしだすシーンは、映像的にも美しい表現となった。クラシカルな雰囲気に溢れたホテルの内装など、美術や背景も本作の魅力のひとつだが、それらを彩るための映像表現もまた、見逃せないポイントといえそうだ。プロデューサーによると、本作は“小さな奇跡”を描くことに注力していて、次回もまた印象的な演出が用意されているという。

 なお、番組の公式インスタグラムでは、ホテル内で使用されている小道具や、ホテルを前に佇む岩田剛典の写真などもアップされている。Webでの展開を合わせてチェックすることで、さらにドラマの世界観を深く楽しむことができそうだ。また昨今、インスタグラムで注目度が上がり続けているくっきー(野性爆弾)も存在感を示しており、出演者たちの素の表情を引き出してくれるかもしれない。

      

「岩田剛典主演『崖っぷちホテル!』は“ホテルそのもの”も主役? “小さな奇跡”描く映像表現と、公式インスタグラムで深まる魅力」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版