>  > 香取&TETSUYA、最新技術を体験

香取慎吾&EXILE TETSUYA、『Tokyo 2020 JAPAN HOUSE』で最新技術を体験!

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 香取慎吾とEXILE TETSUYAが、『平昌2018オリンピック・パラリンピック冬季競技大会』期間中、江陵オリンピックパーク内に開設の『Tokyo 2020 JAPAN HOUSE』に来場した。

 香取は日本財団パラリンピックサポートセンターのスペシャルサポーターも務める。『Tokyo 2020 JAPAN HOUSE』は、開催都市東京および東京2020大会の魅力をPRするために開設。 オリンピック期間の総来場者数は123,293人にのぼった。

 香取とTETSUYAは、『平昌2018冬季パラリンピック』の開幕に合わせた再オープンに先立って3月9日に来場。メインコンテンツである東京の観光地のCG映像の中に来場者の等身大アバターが出現する「THE TOKYO TRAVELLERSコーナー」 を体験すると、「すごい!おれが歩いていてびっくりです!」(香取)「すごい技術で新鮮!」(TETSUYA)と驚いた様子を見せた。

 また「東京2020大会追加競技イメージフォトコーナー」では、東京2020夏季パラリンピックにて採用される「テコンドー」を体験し、フォトスポットの前で撮影するなど、館内を満喫した。

 最後に「Tokyo 2020 JAPAN HOUSE」の印象について、「まさに日本や東京2020大会に足を運びたくなるような施設だと感じました」(香取)、「日本の文化を発信しているアン テナショップのようで、ここを見ると東京2020大会への期待がますます高まりました」(TETSUYA)とそれぞれコメント。 さらに選手に対し、「『自分のルーティンを守りつつ、最高の力を発揮する』という姿勢に感銘を受けました。とにかく応援しています!」(香取)、「『あの時のドラマ作ったのは〇〇選手だったよね!』と話せるストーリーがいっぱいこの場所で生まれたらいいなと思っています。僕の人生の中でも宝物になると思うし、東京2020大会へ勢いにもつながっていくと思っています」(TETSUYA)とメッセージを送った。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

(写真=Tokyo 2020)

香取慎吾コメント

Q1.「Tokyo 2020 JAPAN HOUSE」の印象はいかがですか。
ITやアニメーションのような新しい文化も融合された日本の様々な魅力が集まっていて、まさに日本や 東京 2020 大会に足を運びたくなるような施設だと感じました。ここに多くの海外の方が来てくれて いるのは、日本人として嬉しいです。是非皆さんに来てほしいですね。

Q2.“東京”の魅力はどのように感じられていますか。
僕、本当に東京が好きなんですよ! 30年近く、東京で仕事してきて、楽しい時もそうではない時も 東京の街を見て、「明日頑張ろう!」と思いながら過ごしてきたので。東京は街の美しさや綺麗さだけでなく、華やかで夢が詰まっているような雰囲気に魅力を感じます。Tokyo 2020 JAPAN HOUSEでは そういった魅力感じられますね。

Q3. パラリンピック日本代表選手団へのメッセージをお願いします。
選手村に伺って何人かの選手とお会いしたんですけど、僕はパラリンピックの雰囲気に興奮していたの ですが、選手のみなさんはリラックスされていて。パラリンピックという特別な場所でも、「自分の ルーティンを守りつつ、最高の力を発揮する」という姿勢に感銘を受けました。とにかく応援していま す!皆さんの姿を見て、僕の“頑張る明日”をもらいたいです!

EXILE TETSUYAコメント

Q1.「Tokyo 2020 JAPAN HOUSE」の印象はいかがですか。
日本の文化を発信しているアンテナショップのようで、ここを見ると東京2020大会への期待がますます高まりました。海外や知らない土地に来た時に、こういうハウスがあるとホッとします。特に日本が持っている技術は高く、「誰でも参加できる」、「誰でも楽しめる」THE TOKYO TRAVELLERS は素晴らしくて、様々なものを作り出す技術に長けているんだなと思いました。

Q2.東京が世界中から注目されていることについて、どのように感じられていますか。
世界から注目されていることはとても嬉しく、また気合いも入ります。僕らがライブに向かう直前の ような、そんな感覚です。東京 2020 大会は自分が住んでいる街で行われるので、自分たちがどこまで 参加できるか、どこまで協力できるかなと考えます。ボランティア以外でもやれることがありますし、 個人個人としても大小に関わらず、参加できることをそれぞれが考えていかなきゃいけない時期に 差し掛かっている気がしています。大会を盛り上げるために自分にできることで参加してみようよ!と みんなに呼びかけていきたいと思います。

Q3.パラリンピック日本代表選手団へのメッセージをお願いします。
平昌 2018 冬季パラリンピックは、初めて大会を観に来た場所で、僕の中では「僕が初めてパラリンピ ックを観たのは平昌で」と、一生言い続ける場所になると思います。「あの時のドラマ作ったのは〇〇選手だったよね!」と話せるストーリーがいっぱいこの場所で生まれたらいいなと思っています。僕の人生の中でも宝物になると思うし、東京 2020 大会へ勢いにもつながっていくと思っています。

「香取慎吾&EXILE TETSUYA、『Tokyo 2020 JAPAN HOUSE』で最新技術を体験!」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版