怒りの記事一覧

(19件)

声優は演技賞の対象とすべき? 傑作アニメ続出の2016年、各映画賞の結果を踏まえて

声優は演技賞の対象とすべき? 傑作アニメ続出の2016年、各映画賞の結果を踏まえて

年末企画:相田冬二の「2016年 年間ベスト俳優TOP10」

年末企画:相田冬二の「2016年 年間ベスト俳優TOP10」

星野源と新海誠、『四月になれば彼女は』に推薦コメント 川村元気×新海誠トークイベント開催へ

星野源と新海誠、『四月になれば彼女は』に推薦コメント 川村元気×新海誠トークイベント開催へ

川村元気、新著『四月になれば彼女は』11月に発売 新海誠の推薦コメントも

川村元気、新著『四月になれば彼女は』11月に発売 新海誠の推薦コメントも

山下敦弘と李相日の“奇妙な一致”ーー両監督の15年から探る、日本映画の分岐点(後編)

山下敦弘と李相日の“奇妙な一致”ーー両監督の15年から探る、日本映画の分岐点(後編)

妻夫木聡と綾野剛、ゲイを正面から演じたことの意義 『怒り』が日本映画界に投げかけたもの

妻夫木聡と綾野剛、ゲイを正面から演じたことの意義 『怒り』が日本映画界に投げかけたもの

荻野洋一の『怒り』評:森山未來、綾野剛、松山ケンイチらの熱演が作品にもたらしたもの

荻野洋一の『怒り』評:森山未來、綾野剛、松山ケンイチらの熱演が作品にもたらしたもの

『君の名は。』、『怒り』、『シン・ゴジラ』……音楽と映画の新しい関係を柴那典が考察

『君の名は。』、『怒り』、『シン・ゴジラ』……音楽と映画の新しい関係を柴那典が考察

妻夫木聡と綾野剛、『怒り』の関係性はなぜ愛おしい? “裏の感情”を忍ばせる芝居の深み

妻夫木聡と綾野剛、『怒り』の関係性はなぜ愛おしい? “裏の感情”を忍ばせる芝居の深み

森山未來、『怒り』で見せた底知れぬ恐ろしさ 実力派俳優の衝撃的な演技を読む

森山未來、『怒り』で見せた底知れぬ恐ろしさ 実力派俳優の衝撃的な演技を読む

妻夫木聡、綾野剛とのラブシーンが美しい理由ーー『怒り』優馬役に漂う、儚さと愛おしさ

妻夫木聡、綾野剛とのラブシーンが美しい理由ーー『怒り』優馬役に漂う、儚さと愛おしさ

「ティーンアニメ映画の時代」到来!? 『聲の形』、少ないスクリーン数で異例の大ヒット!

「ティーンアニメ映画の時代」到来!?   『聲の形』、少ないスクリーン数で異例の大ヒット!

映画『怒り』は妻夫木聡らの実力をいかに引き出したか? 演出と編集の見事さを読む

映画『怒り』は妻夫木聡らの実力をいかに引き出したか? 演出と編集の見事さを読む

映画『怒り』は“信じること”の困難を描くーー宮崎あおいの慟哭が意味するもの

映画『怒り』は“信じること”の困難を描くーー宮崎あおいの慟哭が意味するもの

山下敦弘と李相日の“奇妙な一致”ーー両監督の15年から探る、日本映画の分岐点(中編)

山下敦弘と李相日の“奇妙な一致”ーー両監督の15年から探る、日本映画の分岐点(中編)

『星ガ丘ワンダーランド』『怒り』『何者』……日本映画界のいまが見える、豪華キャストの群像劇

『星ガ丘ワンダーランド』『怒り』『何者』……日本映画界のいまが見える、豪華キャストの群像劇

山下敦弘と李相日の“奇妙な一致”ーー両監督の15年から探る、日本映画の分岐点(前編)

山下敦弘と李相日の“奇妙な一致”ーー両監督の15年から探る、日本映画の分岐点(前編)

広瀬すず、清純派から実力派へ 『怪盗 山猫』に見る演技の変化を考察

広瀬すず、清純派から実力派へ 『怪盗 山猫』に見る演技の変化を考察

渡辺謙、森山未來、綾野剛、広瀬すず・・・・・・吉田修一原作『怒り』キャスティングへの期待 

渡辺謙、森山未來、綾野剛、広瀬すず・・・・・・吉田修一原作『怒り』キャスティングへの期待 

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版