小野寺系の記事一覧

(181件)

ジャ・ジャンクー最大のヒット作『山河ノスタルジア』は、新時代の中国国民映画となる

ジャ・ジャンクー最大のヒット作『山河ノスタルジア』は、新時代の中国国民映画となる

ディズニー、なぜ過去の名作を実写リメイク? 『ピートと秘密の友達』が描き直す“人情”の物語

ディズニー、なぜ過去の名作を実写リメイク? 『ピートと秘密の友達』が描き直す“人情”の物語

地獄の目隠し鬼ごっこが怖い! 『ドント・ブリーズ』を大ヒットに導いた発想力

地獄の目隠し鬼ごっこが怖い! 『ドント・ブリーズ』を大ヒットに導いた発想力

音痴歌手が人気者になるのは美談なのか? 『マダム・フローレンス!』が突きつける、現実の二面性

音痴歌手が人気者になるのは美談なのか? 『マダム・フローレンス!』が突きつける、現実の二面性

松山ケンイチ、体重20kg増で挑んだ渾身の演技 『聖の青春』は“生き方”を問う

松山ケンイチ、体重20kg増で挑んだ渾身の演技 『聖の青春』は“生き方”を問う

『この世界の片隅に』が観客の心を揺さぶる理由 「感動」の先にあるテーマとは

『この世界の片隅に』が観客の心を揺さぶる理由 「感動」の先にあるテーマとは

『溺れるナイフ』は究極の少女マンガ映画だーー山戸結希監督、文法を逸脱した映像表現の力

『溺れるナイフ』は究極の少女マンガ映画だーー山戸結希監督、文法を逸脱した映像表現の力

松田龍平演じる“ダメ人間”が面白い! 現代社会で輝く『ぼくのおじさん』の魅力

松田龍平演じる“ダメ人間”が面白い! 現代社会で輝く『ぼくのおじさん』の魅力

『デスノートLNW』なぜ賛否両論に? 前作から10年、再映画化された意味を探る

『デスノートLNW』なぜ賛否両論に? 前作から10年、再映画化された意味を探る

『スター・トレック BEYOND』はオリジナル版の魂を復活させた テンポ抑えた作風の意義

『スター・トレック BEYOND』はオリジナル版の魂を復活させた テンポ抑えた作風の意義

『ゲーム・オブ・スローンズ』なぜ海外ドラマの代表作に? ダーク・ファンタジーの魔力に迫る

『ゲーム・オブ・スローンズ』なぜ海外ドラマの代表作に? ダーク・ファンタジーの魔力に迫る

“家族のつながり”の危うさが浮き彫りに 『淵に立つ』がもたらす、異常な緊張感の正体

“家族のつながり”の危うさが浮き彫りに 『淵に立つ』がもたらす、異常な緊張感の正体

破壊の魅力を描くアニメーション 宮崎駿と庵野秀明、そして『アングリーバード』

破壊の魅力を描くアニメーション 宮崎駿と庵野秀明、そして『アングリーバード』

イーストウッド監督の映画はなぜ“特別”か? 『ハドソン川の奇跡』に見る、余韻の豊かさ

イーストウッド監督の映画はなぜ“特別”か? 『ハドソン川の奇跡』に見る、余韻の豊かさ

映画『聲の形』がメジャーな作風となった理由ーー山田尚子監督は重いテーマにどう魔法をかけた?

映画『聲の形』がメジャーな作風となった理由ーー山田尚子監督は重いテーマにどう魔法をかけた?

スピルバーグが『BFG』で甦らせたテーマとは? 「夢」を通じて描く、創作者へのエール

スピルバーグが『BFG』で甦らせたテーマとは? 「夢」を通じて描く、創作者へのエール

『スーサイド・スクワッド』が悪役たちを“人間らしく”描いた理由ーーデヴィッド・エアーの真意は?

『スーサイド・スクワッド』が悪役たちを“人間らしく”描いた理由ーーデヴィッド・エアーの真意は?

遺産狙いの悪行がなぜ説得力を持つのか? 『後妻業の女』が描く人間の欲望

遺産狙いの悪行がなぜ説得力を持つのか? 『後妻業の女』が描く人間の欲望

『君の名は。』はなぜ若い観客の心をとらえた? 新海誠の作風の変化を読む

『君の名は。』はなぜ若い観客の心をとらえた? 新海誠の作風の変化を読む

闇と光の“反復”はどんな恐怖をもたらすか? 『ライト/オフ』が辿り着いた、映画の根源的表現

闇と光の“反復”はどんな恐怖をもたらすか? 『ライト/オフ』が辿り着いた、映画の根源的表現

新『ゴーストバスターズ』が娯楽映画として成功した理由 性別を乗り越えたリブートの真価を読む

新『ゴーストバスターズ』が娯楽映画として成功した理由 性別を乗り越えたリブートの真価を読む

『ペット』の作風は、ディズニーやピクサーとどう異なる? イルミネーションが追求する娯楽性

『ペット』の作風は、ディズニーやピクサーとどう異なる? イルミネーションが追求する娯楽性

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版