モルモット吉田の記事一覧

(20件)

実写をアニメ化する試みは成功したのか? モルモット吉田の『打ち上げ花火~』評

実写をアニメ化する試みは成功したのか? モルモット吉田の『打ち上げ花火~』評

『東京ヴァンパイアホテル』は園子温の原点? 映画でもテレビドラマでもない稀有な1本

『東京ヴァンパイアホテル』は園子温の原点? 映画でもテレビドラマでもない稀有な1本

濱口竜介監督、商業映画で真価発揮なるか? モルモット吉田が『寝ても覚めても』の可能性を探る

濱口竜介監督、商業映画で真価発揮なるか? モルモット吉田が『寝ても覚めても』の可能性を探る

映画について書く・語るという行為は新たな時代に突入しているーー『映画評論・入門!』モルモット吉田インタビュー

映画について書く・語るという行為は新たな時代に突入しているーー『映画評論・入門!』モルモット吉田インタビュー

モルモット吉田の『映画 山田孝之3D』評:山下敦弘×松江哲明を飲み込む山田孝之のキャパシティ

モルモット吉田の『映画 山田孝之3D』評:山下敦弘×松江哲明を飲み込む山田孝之のキャパシティ

『帝一の國』の実写化はなぜ成功したのか? 菅田将暉らが息づかせたキャラクターのリアルさ

『帝一の國』の実写化はなぜ成功したのか? 菅田将暉らが息づかせたキャラクターのリアルさ

モルモット吉田の『3月のライオン』評:比較で浮かび上がる羽海野チカの世界

モルモット吉田の『3月のライオン』評:比較で浮かび上がる羽海野チカの世界

『この世界の片隅に』が日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞に輝いた意義とは

『この世界の片隅に』が日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞に輝いた意義とは

園子温の代表作『愛のむきだし』TV版リブートの意義とは? モルモット吉田が解説

園子温の代表作『愛のむきだし』TV版リブートの意義とは? モルモット吉田が解説

『シン・ゴジラ』脚本から見えた“もう一つの物語” 『ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ』徹底考察

『シン・ゴジラ』脚本から見えた“もう一つの物語” 『ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ』徹底考察

庵野秀明、山崎貴に続くのは山田洋次と黒沢清!? 『海賊とよばれた男』が示す日本映画とVFXの関係

庵野秀明、山崎貴に続くのは山田洋次と黒沢清!? 『海賊とよばれた男』が示す日本映画とVFXの関係

年末企画:モルモット吉田の「2016年日本映画 年間ベスト脚本TOP5」

年末企画:モルモット吉田の「2016年日本映画 年間ベスト脚本TOP5」

行定勲ら5人の監督は“ロマンポルノ”をどう蘇らせたか? 松江哲明×モルモット吉田が語り合う

行定勲ら5人の監督は“ロマンポルノ”をどう蘇らせたか? 松江哲明×モルモット吉田が語り合う

市川崑『犬神家の一族』からの脱却ーー長谷川博己、池松壮亮らによる新たな金田一耕助像

市川崑『犬神家の一族』からの脱却ーー長谷川博己、池松壮亮らによる新たな金田一耕助像

モルモット吉田の『溺れるナイフ』評:菅田将暉によって、山戸映画の男が血肉通った存在になった

モルモット吉田の『溺れるナイフ』評:菅田将暉によって、山戸映画の男が血肉通った存在になった

モルモット吉田の『At the terrace テラスにて』評:多くの観客に観てほしい極上の喜劇

モルモット吉田の『At the terrace テラスにて』評:多くの観客に観てほしい極上の喜劇

モルモット吉田の『何者』評:演劇出身監督は“SNS”をどう映画に活用したか?

モルモット吉田の『何者』評:演劇出身監督は“SNS”をどう映画に活用したか?

大根仁は伊丹十三の正統継承者か? モルモット吉田の『SCOOP!』評

大根仁は伊丹十三の正統継承者か? モルモット吉田の『SCOOP!』評

映画『怒り』は妻夫木聡らの実力をいかに引き出したか? 演出と編集の見事さを読む

映画『怒り』は妻夫木聡らの実力をいかに引き出したか? 演出と編集の見事さを読む

初代ゴジラの“呪縛”から逃れた『シン・ゴジラ』 モルモット吉田が評する実写監督としての庵野秀明

初代ゴジラの“呪縛”から逃れた『シン・ゴジラ』 モルモット吉田が評する実写監督としての庵野秀明

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版